1995年初出 望月三起也
ぶんか社コミック文庫 



新ワイルド7の続巻、と言っていい内容で、「続」がついたからといって設定が変わっていたり、作中の時間が大きくが経過しているわけではありません。

おなじみのキャラも何人か登場。
 
ちなみに新ワイルド7で敵対していた国際的犯罪組織Aリアンはいつのまにかうやむやになってます。

まあ、望月作品ではよくあることです。

どちらかといえば連作短編、といった感じ。

ですんで熱心なワイルド7ファンが購入すればいいのでは、といいたいところなのですが、これがそうは問屋が卸さない。

かつて全2巻で発売されていた徳間書店版続・新ワイルド7には収録されていなかった中編「魔都ベガスを撃て」がこの文庫版のみ、収録されているんですね。

しかもこれが群を抜いて傑作、ときた。

ぶんか社も酷な事をする。

魔都ベガスを撃て、目当てで買って損はなし。

というか、これを読まずして新ワイルド7の何を読むのか、という。

旧版をお持ちの方はいらだたしい事と思われますが、購入するしかないでしょうなあ、やはり。

余談ですが、私は全部文庫版で買いなおしました。

だって背表紙の連続絵がかっこよかったんです、はい。




comic