1976年初出 日野日出志
リイド社文庫



これまた日野ワールド全開な狂った一冊。

簡単にストーリーをかいつまむと、精神薄弱な主人公蔵六が全身にできた七色のできものからしたたる膿で絵を描く話。
 
もう、間違いなく今の時代には描けません。

一から十までアウト。 

シナリオだけ追うと幻想文学的でもあるんですが、実際に読むとあまりのおぞましさに軽く胃液が逆流します。
 
あえて深読みするなら閉塞した村社会における差別を問いかける重いテーマが根底にはあるような気もするんですが、結局のところ人間に絶望してる作者がグロテスクな奇想を披露しただけ、と言う気もしなくはありません。
 
もうね、ほんと何を読ませるんだ、と。
 
結局のところ私は作者の絵柄がダメなんだと思う。
 
もしこれが小説だったり、ギリギリのラインでつのだじろうの作画だったりしたら、きわどいところで踏みとどまれたかもしれない。

いったい何を踏みとどまるのかはさっぱりわからなかったりはするんだけど。
 
初期の著作は全てがある意味で伝説化してますが、それに食指をそそられて購入に踏み切ったりすると、多分現代漫画に慣れた目では後悔すると思います。

先駆というより徹底的に異端。
 
なんだかもうホラーでもスプラッターでもなくて、これって汚穢の中に美を見出そうとする性癖なのでは、と私は思ったりしました。




comic