1972年初出 ジョージ秋山
小学館文庫 全4巻



作者には珍しい巨大ロボットもの。
 
しかしこの手の勧善懲悪な少年SFにおいてすらジョージ秋山節は全開。

こりゃ裏石ノ森章太郎、裏横山光輝と言っても良い作品では、と思います。
 
本当にカタルシスを得にくいマンガばかりをこの頃のジョージ秋山は描いてるなあ、と思う。

少年誌で少年達に正義の所在について思考する事を強いたりすれば、こうならざるを得ないか、という気もしますが。
 
結局ラストの残酷さ、エキセントリックさのみで人々の記憶に残った作品ではないかと思ったりもします。
 
主題は全く完遂されてないし、尻切れトンボと言っても良い自爆ぶりですし。

糞虫というとんでもないキャラが話題にはなりましたけどね。
 
この頃のジョージ秋山はとにかく何かに対して「憤って」たんでしょうね。
 
それが普通はマンガでは描かないような事まで描かせて、どこまでも露悪的に絶望を誌面に叩きつける結果を招いたのだと思う。
 
やっかいなのは著者本人の「憤り」に一切の解決をみいだせぬままそれをあまたの作品としてしまった事でしょう。
 
この頃の問題作の数々からなにかを読み取ろう、とする人は多いですが、多分全ての答えは浮遊雲だと私は思います。
 
浮遊雲に行き着くための試行錯誤、葛藤が作者にとっての70年代だったのだと思う。
 
まあ決して熱心なファンとは言えない私の勝手な解釈ですけど。
 
SFといえばSFなんですが、本作は「投げかけられた波紋」でしょうね。
 
至極主観的な「どうして」を提示したに過ぎず、テーマが結実するには後年の別の漫画家の登場を待たねばならなかった。
 
意味があるとしたらその過激さにおいてきっかけにはなった、ということでしょうね。

作者の作品では唯一私が今も本棚に残しているシリーズではあります。



comic