アメリカ 1957
監督 スタンリー・キューブリック
原作 ライオネル・ホワイト



競馬場の売上金を狙った一味を描いた犯罪映画。

これがまた50年以上前の作品とは思えぬおもしろさで何事か、って感じでして。

やっぱりシナリオの緻密さでしょうかね。

誰がどういう役割を持って、どういう行動をし、それが結果何につながるのか、というのが、パズルのピースを次々と埋めていくように明らかになる進行はただただ気持ちが良い、の一言。

また伏線の引き方がうまい。

ああ、これはきっと後で面倒なことになる、とハラハラさせる要素を散りばめつつも、それが予想どうり展開せず、思わぬ場所に着地するんですね。

なんだこの見事な裏切りは、と感心することしきり。

POVなのか?と思わず目を凝らしてしまいそうになる迫力満点の競走馬疾走シーンにも驚かされました。

詳しくはわからないんですが、何でこんなに臨場感があるのか実に不思議。

そして特筆すべきはやはりあっ、と言わされる無常観漂うエンディング。

まさかアレがこのような役割をはたすとは、とその鮮やかさに舌を巻く。

ナレーションがちょっとウザかったり、同一時間に起きた出来事を多角的に描くため、時々時間が逆行するのに幾分混乱させられますが、こりゃ傑作でしょう。

オーシャンズ11とか好きな人は必見じゃないでしょうか。

いやはやキューブリックにはずれなし。






movie