2008年初版 望月三起也
ぶんか社コミック文庫



主にアクション系の作品を集めた短編集。

やはり最も注目すべきは表題作「ロゼサンク」でしょうね。
 
私はこの一作の為だけに購入。

単行本に収録されたのはこの文庫が初めてのはずです。
 
年老いて長年の戦い故、片足の膝が曲がらなくなった元ワイルド7の飛葉が主人公の短編なんです。

いやーもう、泣けます。

あの無鉄砲でタフな飛葉ちゃんが脚を引きずって屋台のケバブ屋なんてのをやってるんですね。
 
生々しくリアルな設定に痛々しさすら感じますが、それでも不正を憎み、悪を許さぬ高潔な魂は現役の頃そのままで、目を見張る大活躍はファンなら必読。

体が自由にきかなくとも決して心は折れぬ男の生き様にしびれてください。

ワイルド7のその後を描いた傑作でしょう。




comic