1965年初出 白土三平
小学館ビッグコミックス 全20巻



白土三平の作品の中で一番大好きな一冊。

何事か、っていうぐらいおもしろい。

少年サンデーで連載されていた初期の数話は子供向けを意識してか、絵柄も違い、忍者アクションものと言った風情ですが、後にビッグコミックで連載されたシリーズは屈指の傑作時代劇エンターティメントと言っていい出来ではないでしょうか。

抜け忍、という存在を読者に広く認知させたのも凄かったと思うんですが、誰も信じられない中でギリギリの駆け引きを繰り返しながら、それでも普通に生きていきたい、と願うドラマ性も素晴らしかった。
 
常に孤独をまとい、追っ手と戦い続けねばならない術者の悲哀が胸をうちます。
 
カムイ伝や忍者武芸帖を先に読んで何だか白土三平とっつきにくいなあ、と思ってる人は是非ここから読んでもらいたいと思う。
 
エンターティメントに徹する気になりさえすれば、ここまで凄いものが描けてしまうという作者の才能の豊かさに脱帽ですね。
 
私の中では「子連れ狼」と並んで時代劇漫画の名作。



comic