1977年初出 竹宮恵子
スクエアエニックスGファンタジーコミックス 全3巻



なんせ初めて読んだ竹宮恵子のマンガが「風と木の詩」だったので、当時学生だった私は激しい嫌悪感を覚え、それが原体験となり、本当に長い間、氏の作品は敬遠しておりました。
 
はっきり言って敬遠したままその存在を忘れていた、と言っても良い。
 
それが突然ああ、そういえば、と記憶が甦ったのが本作「地球へ」の復刻版を書店で目にした数年前である。

そういえば読んでなかったなあ、と。

0年代に竹宮恵子初読。
 
いるんでしょうかね、こういう人って。
 
さしたる期待もなく手にした本作なんですが、うわさすがに古いなあ、と思う部分はあるにせよ、やはり年月を経ても忘れられず復刻するだけのことはある、とうなずかされる内容ではありましたね。
 
遠い未来、環境汚染が進んだ地球を元に戻すためにマザーコンピューターによる出生管理を徹底させた人類は植民惑星で故郷の再生を待つが、管理されているはずの人類の一部が何故か超能力を発現し・・・・という、古典も古典、ベタベタのプロットなんですが、主人公であるジョミーとキースの立場をたがえる事の出来ぬ愛憎劇が今読んでも胸に迫るドラマを演出しており、思った以上に読後に物足りなさは感じない。

エンディングも通俗的な超能力バトルの勝ち負けに着地することなく、SF的飛躍があり、お見事。
 
今の読者や少女マンガになれていない人が本作の魅力をどこまで汲みとることが出来るのか、いささか疑問ではありますが、77年という時代を鑑みるならやはりこれは画期的だったのかも、と思う次第。
 
超人ロックの初期なんて本作の世界観、そのまんまですよ。

いわゆる超能力ものSFとして押さえておくべき古典だろうとあらためて認識した秀作。

すいません、見くびってました。



comic