1984年初出 萩尾望都
小学館



<収録短編>
半神
ラーギニー
スローダウン
酔夢
花埋み
紅茶の話
追憶
パリ便り
ハーバルビューティ
あそび玉
マリーン(原作:今里孝子)


舞台にもなった衝撃の短編「半神」。
 
これがブラックジャックの一話なら封印されたりしたんだろうか、と言う思いがちらりと頭をかすめたりする。
 
色んなところで色んな人がこの作品について論じておられますが、私がすかさず思い出したのはデ・パルマの「悪魔のシスター」であり、クローネンバーグの「戦慄の絆」であったりしました。

何を描こうとしていたのか、おおよその見当がつかなくはないんですが、やっぱり短編で伝えきるにはページ数が足りなかったか、と言った印象。

せめて100ページあればエンディングも変わっていたように思います。

強烈な読後感を残す作品ですが、どう評価していいか悩む部分もあったりも。
 
「ラーギニー」「スローダウン」「酔夢」はイマジネーション豊かなSF短編。
 
マンガならではの絵の説得力が光る。
 
「花埋み」「紅茶の話」「追憶」「パリ便り」は絵物語。

「ハーバルビューティ」はコメディ調の宇宙SF。
 
きちんとSF的なオチが用意されているのが好ましい。
 
「あそび玉」はいわゆるエスパーものなんですが、地球へ・・の萩尾版を読んでいるような感じも。

一番の異色作は「マリーン」。

間違いなく萩尾望都はこういう演出はしないと思われる描写があちこちにあり失笑。

原作つきだとこうも違うのか、と驚かされる。

くさくならない、と言うのが萩尾望都最大の長所かも知れない、と本作を読んでいてふと思ったりしましたね。
 
それでもエンディングはきっちり自己流に手直しされており、感心。



comic