アメリカ 2012
監督、脚本 H・P・メンドーサ



幽霊と霊媒師の交信を、幽霊の1人芝居の形式で描いたホラー。

まあ、発想は面白かった、と思います。

予算のなさをアイディアでカバーする、と言う意味では秀逸、と言ってもいいかもしれない。

自分の死を自覚できない主人公の幽霊が、実は解離性人格障害だった、という展開も興味をそそられるものがありました。

人格障害を患った女の魂はいったいどうなるのか、という答えの提示は、ホラーを逸脱し、オカルト学的考察にも手を伸ばしていたように思います。

ただですね、この作品、残念ながらそこまで、なんですよね。

極端な言い方をするならオチがない。

広げた風呂敷を閉じられないままなんとなく終わってしまった、というか。

やはりエンディングで、なるほどそう来るか!と思わせてこそ、投げかけた波紋も意味を成す、と思うんです。

これでは「奇抜だったんだけどね」で終わり。

映像に工夫が足りない、とも感じました。

あの世からの視点なわけですから、普通にお姉ちゃんが日常を送ってます、時々カメラのアングル変えたり、二重写ししたりしてます、だけじゃあ、やっぱり伝わってくるものがあまりに少ない。

これじゃあ舞台と同じ。

また主役の日系人アンナ・イシダが丸顔でつやつやしてて怖くもなんともなくて。

誰が幽霊を客観視しているのか、もしくは幽霊は何を見ているのかにこだわって、異世界を現出させて欲しかったですね。

小品、といった印象。

予算をがっちり確保できた時に何を撮れるか、評価はそれまでおあずけ、といったところでしょうか。




movie