1982年初出 高千穂遥/石川賢
講談社ヤンマガKC 全2巻



いかにもあの頃の、絵にかいたようなスペースオペラ。

まあその漫画だから絵に描いてはいるわけですが。

そりゃどうでもいいか。

原作が高千穂遥だから余計にそう感じるのかもしれませんが「クラッシャージョー」や「ダーティペア」をそのままの世界観で石川賢が作画したようにしか思えません。

つまり、目新しく感じられるものがまるでないんですね。

似たような作品があまりにもありすぎて。

物語のプロットが作者の「5000光年の虎」に酷似しているのもマイナス要素。

エンディングだけが妙にSFしてるんですが、それでなにか挽回できてるのか、というとそうでもなく、似たような感じなら5000光年の虎の方があれこれ想像させるものがあって良かった、と思えるのがどうにもこうにも。

凡作でしょうね。

あえて古本を探すほどではない、というのが結論。



comic