1993年初出 山上龍彦
講談社文庫



山上たつひこの初長編小説。

おそらく雛形となっているのはかつて漫画の形で発表された「イボグリくん」でしょうね。

主人公のキャラといい、シュール極まりないぶっとんだ展開といい、まさにあのまま。

多分作者は自分のギャグ漫画を活字の形で再現したかったんでしょう。

とんでもない挑戦だと思います。

そもそも漫画と小説ではリズムも違えば、間のとり方も違うと思うんですよね。

漫画の面白さをそのまま文章に転換するのは過去の諸作をひも解くまでもなく至難の業。

短編ならまだなんとかなる、と思うんです。

実際、「鶏」も「兄弟、尻が重い」もなんとかなってた。

でも長編となると、続きはどうなるんだろう、と読者に思わせるだけのストーリーを組み上げていかないとダメなわけですから。

ナンセンスにオチをつけて終わり、ってなわけにはいかない。

で、そこはクリアできたのか、というと正直微妙でしょうね。

どう見てもギャグ漫画でしかないプロットを大衆小説風に煮付けなおした手腕は見事だと思うんですが、絵なら説得力があっただろうと思われるシーンも活字では荒唐無稽すぎてついていけない、という展開がいくつかあったように思います。

ファンですんで容易に山上たつひこの絵とコマ割りで脳内再生は可能なんですが、それが出来ない人にとってはやはり「ばかばかしすぎる」と一刀両断されてしまう危険性は過分に孕んでいる、といえるでしょうね。

非常に惜しいところまではきてる、と思うんです。

でもサービス精神が旺盛すぎた、というか、漫画感覚で調子にのりすぎた、というか。

古くからの読者にとっては最高に楽しい1冊であることは間違いないんですが、新規参入組に訴えかけるにはいささか敷居が見たこともない形すぎたかもしれません。

漫画と小説の中間、といった印象を受けましたね。




novel