2010年初出 あさりよしとお
徳間書店リュウコミックス 全2巻



小惑星開発に力を注ぐ未来の地球人の姿を描いた近未来SF。

1話完結形式。

宇宙開発における細かなウンチクネタも数々あり、これはおそらく「まんがサイエンス」の血脈を継ぐものなのだろうと思います。
 
この手の、物語の本筋とは別に科学的解説をあれこれほどこしたマンガって、今はほとんど見かけなくなりましたね。
 
なにやら妙にレトロというか、かえって新しいというか。
 
そこにぐっと引き寄せられるものはもちろんあるんですが、やはり大事なのは肝心の物語だろうと。

しかしそこがですね、残念ながら幾分地味。
 
いや間違いなくSFファンは好きだろうと思うし、私も好きなんですが、あさりよしとおが描くのなら、もうちょっと笑いがあっても良いのでは、と思うわけです。
 
なにやら妙に生真面目なんですね。

その生真面目さが読者を選ぶような気もします。

それでも巻数を重ねれば徐々に人気も出てくるのでは、と当初は思っていたのですが、あえなく2巻で終了。

ファンのための作品になってしまった印象は否めない、といったところでしょうか。

本当の意味でのサイエンス・フィクションって、もうダメなのかなあ、なんてふと思ったりしましたね。



comic