1996年初版 吾妻ひでお
ちくま文庫



やっぱり私は失踪日記以前の吾妻ひでおのマンガに適性がない、とつくづく思った次第。

おもしろくないわけではないんです。

興味深い部分がないわけではない。

しかしそれらを全てを飛び越えて、ひきつけられるものがない。
 
熱心なファンも大勢おられることなので、なにか独特の魅力があるということなのでしょうが、うーん、わからん。
 
リアルタイムで読んでいない分、多分何かを読みこぼしているのだとは思うんですが・・・。
 
残念。



comic