2005年初版 吾妻ひでお
イーストプレス



吾妻ひでおの熱心なファンではないので断言は出来ないんですが、やはりこりゃ「化けた」作品だと思うんですね。
 
自伝というかエッセイみたいなものが創作を凌駕して圧倒的におもしろい、というのはよくあるケースだと思うんですが、それにしてもこれは図抜けているように感じました。

もうね、ぐいぐい引き込まれていくんです。

これは決して題材が特殊だから、と言うだけじゃない。
 
転落人生を笑いに転換する高いテクニックがあるんですね。

これで湿っぽくならない、というのは恐ろしい冷静さで自分を俯瞰しないと絶対できないことだ、と思うんですよ。

また、私は本作を読んで初めて吾妻ひでおって絵がうまい人だったんだ、と今更ながら思った。

特にホームレス編で雪の降る朝のシーン、これには軽く鳥肌がたちましたね。
 
こんなに凄いシーンの描ける人だったのか!と。
 
ものすごい極論を言わせてもらえば、本人の嗜好とは裏腹に実はSF向いてなかったんじゃないか吾妻ひでお、と思ったりもした。
 
しかし、晩年になってからようやく培った経験がエンターティメントとして花開くこともあるんだなあ、と。

一気に大ファンになった一冊。

誰が読んでも間違いなくおもしろいと思います。



comic