2014年初版 吾妻ひでお
イーストプレス



「不条理日記」の進化系、とでも言うべきシュールなナンセンスギャグ。

とはいえ、何が進化してるのか、と問われて、これだ、と明確に答えられるものはなし。

なんか進化したような気がする、という。

だって、表紙の絵そのままの世界観で「〇月〇日、ペンギンに温められる」で、完結しちゃうような内容なんですよ。

ヤマなしオチなし意味なし。

言葉で説明できるようなものじゃないです。

でもこれがなぜか面白い。

夢中でページをめくってしまう。

なんだこれ、わけがわかんねえ、と投げ出してしまう人もきっといるんでしょうが、こんなデタラメをやっていながらどこか成立しているように感じさせてしまう作者のセンスに私はぞっこんです。

吾妻ひでおにしか描けない1冊。

女の子の絵がさらにかわいくなってるのにも感心した

エッセイネタももう品切れでしょうし、あとはもうこう言うのを連作して下さるだけで充分、と私は思いましたね。

ストーリーとかなくても全然大丈夫。

明らかに異端ですが、異端ゆえの天才、と私は思いました。

なんかもう凄いぞ、失踪日記以降の作者は。



comic