フランス/カナダ 2007
監督、脚本 パスカル・ロジェ
 


2015年、アメリカでリメイクされましたがこちらがオリジナル。

ただゴアなだけ、ただただスプラッターなだけのホラー映画は私の場合、一周まわって逆に退屈なんで、実は長い間この作品、敬遠しておりました。

なんだかね、ひたすら残虐描写に執心しまくってそうな気がしたんですよ。

もちろん一方的な先入観なわけですが。

しかしまあ、リメイクされるぐらいだからそれだけじゃないのかな、と今回、思い切って手にとってみたわけですが、 いやこれ、久しぶりにホラーで驚かされましたね。

怖いとか、忌まわしいとかその手の感情以前に、先の展開が全く想像できないことに私は舌を巻いた。

普通はオープニングを見て、SAWシリーズみたいな感じなのかな、と誰もがぼんやり考えると思うんです。

ところが監督はそんな観客の思い込みを次から次へと裏切って、予想外の場面をこれでもかと矢継ぎ早に用意してくる。

特に序盤、被害者リュシーが15年後にある家庭を訪れたシーンなんて、いったいこれは何が起こってるんだ、とあたしゃあたふたした。

なんだこれ、最初から飛ばしすぎだろうと。

あんまりセオリーを無視しすぎると後々苦しくなるぞ、なんていらぬ心配をしたりもしたんですが、そんな半可通の懸念を軽々と置いてけぼりにしてストーリーはひたすら加速。

興ざめを招く危険を冒しつつもダブルヒロインを効果的に使い、超常へ逃げずに終盤へと物語を橋渡しした手際は見事の一言。

そしてなんといってもあっ、と言わされるのはエンディングでしょうね。

まさかこんなオチが待ってるとは、と誰も予測できなかったのではないでしょうか。

私はこれ、ある意味ホラーの枠組みを飛び出してるな、と思ったりもした。

いったい彼女は最後に何を見たのか、それをつまびらかにせず、想像にゆだねたまま幕引きへと至っているのもいい。

目を覆いたくなるような流血シーンがないわけではないんですが、そこをじっくり露悪的に見せつけるのではなく、あくまでホラーファンへの撒き餌として効果的に利用し、思いもよらぬ場所に物語を着地させた豪腕ぶりはこの手のジャンルが苦手な人にもオススメ、といえるのではないでしょうか。

傑作だと思います。

できうることならなるべく前情報を仕入れずに見てほしい、と強く願う次第。






movie