1995年初出 五十嵐大介
河出書房新社九龍コミックス 上、下



短編集と言うよりは、ショートショート集。

この手の作品は昔、奇想天外だとかSFマンガ競作大全集だとかでさんざん読んだような気も。

何となく坂口尚の初期を思い出したり。
 
オチらしいオチもなく、感性に訴えかけることで全部、みたいな感じなんで、ダメな人はダメでしょうね。

ちょくちょく生理的に気持ち悪い異生物の描写があるのは一体何を意図してるのか?

雰囲気を楽しむ連作。
 
熱心な五十嵐ファン向けですね。



comic