2007年初版 いがらしみきお
小学館ビッグコミックス



いがらしみきおモダンホラー傑作選と銘打たれてますが、ホラーなのは1作目と最後の作品ぐらいで後はどっちかというとやや荒唐無稽なSF。
 
総じて短編の割にはオチが弱い印象もありますが、表題作のガンジョリだけは非常に良くできた教科書のようなホラーだったと思います。
 
田舎にドライヴに出かけたバカなカップル6人組がうらびれたロッジで殺人鬼だか化物だかに追い回され全滅する、ってのは80年代から連綿と続くアメリカンホラー王道の手口だと思うんですが、それを日本に当てはめるとこうなるか、と。

オチまでセオリー通りで思わずニヤリ。
 
誰かこれ、映画化してくれんか、と思う。

閉塞した田舎の村社会を上手に描くことが出来れば傑作になると思います。

昔、矢口高雄は田園詩人と評されたことがありましたが、どうもいがらしみきおはその真逆をいこうとしてるような気がします。

田園に潜む狂気をあぶりだす手腕は突出しているように感じましたね。



comic