2007年初版 いがらしみきお
小学館ビッグコミックス 全4巻



都会暮らしに疲れたサラリーマンの田舎ぐらしをコメディタッチで描いた作品なんですが、なにやらきな臭く含むものがあって一筋縄でいかない感じなのが特徴的。
 
都会の人間が想像するところの田舎暮らしに対する淡い幻想を早い段階で粉々に砕いてしまうのも独特なんですが、田舎での生活に慣れない主人公のドタバタ劇の裏側でなんだか不気味にホラーな謎が渦巻いているのがこれまたそそられる感じ。
 
人間ドラマに着地するように見せかけて、さりげなく、文化の違いと言うだけでは割り切れぬ常識外の「怖さ」が実に秀逸に描かれている、と思いましたね。
 
いったいどこへ向かおうとしているのか、先の展開が全く読めないスリルは一級品だったと思うんですが、いささか残念だったのはオチが弱いように思えたこと。

なんとなく煙に巻かれてしまったような印象を受けてしまうんですね。

とはいえ、いがらしみきおならではの「田園に潜む狂気」は充分堪能できる内容だと思います。 

ファンは納得かと。



comic