奈良県の吉野熊野国立公園、大台ケ原へ行ってまいりました。

実はこの大台ケ原、冬季は閉鎖されていることを知らず、今春無駄足を踏んだ経験が。

201608102101
 
結構な時間を費やしてここまでやってきたのに、と呆然。

この悪夢のせいで、一度は完全にへそを曲げた私。

もう、行ってやらないから、頼まれても無視だから、と記憶から消去を試みたわけですが、やはりどこか引っかかるものがあったんでしょうな。

いや、別にね、どうしても見てみたいなにかがあったわけじゃないんですが、けんもほろろに袖にされたのがなんか闘志に火をつけた、というか。

何と戦ってるんだ私は。

リベンジを誓い、再び車を駆ったのがつい4日ほど前。

201608102132

実はこの場所にたどり着くまで結構ドキドキした。

まさかと思うが、もしや・・・落石とかほら。

ああ、開放されてて良かった。



場所的にはほとんど和歌山県です。

169号線から分岐して40号線を終点まで走ると忽然と現れる広大な駐車場。

結構な台数の車が停まってて驚く。

03e08bf1.gif



wikiによると大台ケ原、日本百名山に選ばれたほか、日本百景、日本の秘境100選にも選ばれ、山全体が特別天然記念物に指定されている、とか。

de4ce7c6.gif

 
大台ケ原の全体図はこんな感じ。

ぐるりと外周を回っておよそ9キロ。

まあ、歩けねえことはねえだろうと。

せっかく来たんだから全部見て帰ろう、と意気揚々に入山。

18fee387.gif

 
特に考えもなく、左回りのルートを選択する。

後から考えたらこれが失敗だった気もしなくはない。

7d6c4761.gif

 
こんな感じのうららかな散策道がしばらくは続く。

b2990224.gif


それが段々と怪しくなってくるのは10分ほど経過した後。

何故だかわからんのですが、道に大小さまざまな石くれが埋没。

足首のスナップをきかせて転ばないようにするのに一苦労。

で、これがこの後、延々と続くんですな。

201608102206
 
写真だと傾斜がわかりづらいですが、これ、かなりの下り急勾配です。

普通に山道だし!

ていうか悪路じゃないのか、これ?

a44c1002.gif

 
右へ左へと石に足をとられよろめきながら、4、50分、眼下に吊り橋が見えてくる。

dca93818.gif

 
シオカラ吊り橋。

4704ed7f.gif

 
なぜか私の行くところには毎度、毎度吊り橋が。

1154e784.gif

 
このあたりの伝統なのか、近郊の十津川村と同じく吊り橋は鉄線仕様。

揺れるぜ、いい感じだぜ。

吊り橋から望む下流には川遊びに興じる人たちが。 

で、ここからが実は地獄の道行きだった。

すいません、写真、一枚もありません。

なぜか。

延々と続く悪路な登山道に足腰と心肺機能を痛めつけられ、カメラを構える余裕すらなかったから。

死ぬかと思った。

ずーっと、登りなんです、しかも40分近く。

腰をおろせそうな場所、一切なし。

あっという間に持参したタオルは汗でずぶぬれ、太ももはパンパンに張って進もうにも足があがらない。

e1a29fae.gif

 
唯一、途中で撮った1枚。

根元からひっくり返っとるがな!

これはいつ終わるとも知れぬ悪夢な山路を行く私の未来の姿を暗示しているのかっ、と暗澹たる気持ちに。

というか、シオカラ谷から大蛇嵓へと歩いた人ならわかると思うが、これ、公園なんかじゃねえっす。

普通に登山やんか!

<2に続く>



shorttrip1