アメリカ 2001
監督、脚本 コーエン兄弟



嫁と義弟に仕事も私生活も実権を握られた理髪師の、思わぬ出来心による転落を描いた悲喜劇。

モノトーンな映像が醸す質感がなんとも味わい深い、というのはまずありました。

一度カラーで撮った後にモノクロフィルムに焼きつける、という手法をとったらしいのですが、完全に白黒、というよりはどこか淡くセピア色で陰影がつぶれてないんですね。

シャープなのに温かみのある感じがする、とでもいうか。

どうなるのか計算してやったのだとしたら、1940年代のカリフォルニアを絵にする上で実に効果的だった、と思います。

シナリオそのものは処女作「ブラッドシンプル」の延長線上にある感じ。

杜撰な犯罪計画が思わぬ混乱を招く様子を皮肉とブラックユーモアで煮込んだ、ってな按配。

私がまずうまいなあ、と思ったのは主人公の描き方ですかね。

決して悪人じゃないんだけど、不器用で無口であるが故に上手に世間を渡っていけない男の、ささやかな野心と、彼が本当に望んでいたものを、事件の顛末に絡ませてそっ、と含ませる手腕はコーエン兄弟ならでは。

もちろん、個性的な登場人物だらけなのは変わらずなんで、それがすべてじゃない。

サスペンスの体裁を装いながらも、きちんとドラマを堪能できるのがさすが、とでもいいましょうか。

物語の落とし所が一切の救いなしなんで、後味が悪い、なんだか嫌な感じ、と思う人もきっと居るんでしょうけど、私はそこに相応の帰結を見た気が何故かした。

ま、コーエン兄弟のマジックにはまっちゃってるんでしょうね、多分。

なんだか歳をとってから見るとおもしろく思えて仕方がない、というのが正直なところでしょうか。

万人にはきっとうけないんでしょうけど、このゆるやかな屈折ぶりはなんだかクセになる、とあらためて思う次第。





movie