1986年初版 来留間慎一
徳間書店リュウコミックス 全2巻



厳密にはタイトルは「神」の下に「人」を組み合わせて魔「じん」伝と読ませるんですが、そんな字は存在しません。

まあ、やりたかったことはわからなくはないです。

しかしペンネームの慎一が「魔獣戦線」の慎一からとったものだとは調べてみるまで気づかなかったですね。

お好きだったんでしょうね。

作品の内容もどっちかというとソレ系かと。
 
時代を鑑みるに、伝奇バイオレンスブームまっただ中の、その影響下にある作品、と定義して良いと思うんですが、実は本作、侵略SFというか、20億の針のようであったりもするがややこしいところ。
 
好きなものを全部詰め込みました、ってな印象。
 
異世界ファンタジー的であったり、変身実写ヒーローもの的な要素も混在。
 
ここまで節操がないのは本当に珍しいと思うんですが、その混沌ぶりこそが本作の魅力と言われればそうかもしれません。
 
難点はそれぞれのキャラクターのバックボーン、人物像が全く見えてこない事と、その卓越した戦闘能力の由来が一切不透明なこと。
 
特に主人公の能力と結城にそれが顕著。

なにかというと超絶的な格闘シーン。

あとは女性キャラの作画がなんだか70年代のエロマンガみたい、ってのが個人的にはひっかかった。

夢枕、菊池が大好きでその世界観をマンガでこそやるべき、とした意気込みは買うが、どうしても突き抜けないマイナー臭さは拭えず。



comic