1990年初版 秋恭摩
徳間書店SCスペシャル 全6巻



来留間慎一が改名して秋恭摩に。

なにか思うところあって心機一転、だったんでしょうけど、やってることは「魔神伝」の頃とほぼ変わってません。

本作、近未来を舞台とした、魔物狩りを生業とするDACなる組織と、召還プログラムによって怪物と化した魔造人を配下とするフューチャージェネシスなる非合法組織の闘いを描いたオカルトバイオレンスなんですが、細部を説明するまでもなくその質感は非常に前作と似ています。

つくづくこの人は夢枕、菊池が好きだったんだろうなあ、と。

うまくやれば孔雀王にも肉薄できたか、と思うんですが、私が魔神伝で指摘した問題点が改善されることなくこの作品にも見受けられるのがやはりよろしくないかと。

好きなものを全部ぶち込むのはいいんですが、なんの背景も由来も説明のないまま狼男とか電撃使いとか空間を切り抜く女とか登場させられてもですね、はいそうですか、とはなかなか受け入れられないわけです。

なんでもあり、になってしまうとそもそも戦う意味すら喪失してしまうわけで。

やたら思わせぶりにひっぱる割にはさっぱりフューチャージェネシスが何をしようとしているのか、わからないのもいただけない。

巻を重ねてもただただ超常な戦いがくりひろげられるだけで終始、なんですね。

人と無機物を融合させてしまう召還プログラムのアイディアとかは面白かったんですが、どうにもその先に物語が進まない。

挙句に未完。

画力はさらに向上してる、と思いますし、光る部分もあるとは思うんですが、これを評価するのはさすがに難しい。

カルトなマンガ好きのためのシリーズですね。

80年代のあの頃の香りはぷんぷんしてますんで、それを楽しめる人にとってはノスタルジーかも。



comic