すっかり前の話なんですが、今年の正月休みに滋賀県東近江市にある太郎坊宮という神社に行ったんですね、実は。

201610212257

特になにか目的があった、と言うわけではないんですが、山の中腹にある拝殿の写真をたまたまネットで見てなんか心惹かれた、とでもいいますか。

あまり余所にはないものが見られるんじゃないか、と。

本格的な登山とかじゃなくて、軽装でハイキングコースみたいなのを歩くのが好きなものだから。

なんか燃えてくるのだよ、果てなき石段とか目の当たりにすると。

201610212307
 
田舎っちゃー田舎です。

201610212308
 
そらきた、石段。

のぼるぜえ。

201610212310
 
試されているかのような急勾配である。

201610212311
 
なぜか中腹に天台宗の寺が。

まあよくあるケースではあるんですが、神仏分離はいったいどうなっているのか、と。

混ざってしもとるがな。 

201610212314
 
ここからさらに登ります。

201610212316
 
先が見えないよ、ねえ。

201610212317
 
息があがってきたころになにやら建物らしきものが見えてくる。

201610212319

突然マイボールを持った天狗の石像が。

ボーリングのお誘いか。

すまん、私はガーターに愛されたスベリ芸人と呼ばれた男なんで遠慮させていただく。 

201610212323
 
なんかよくわからんが12支を象った石像もある。

201610212325
 
そしてまた登るわけです。

201610212327
 
途中にあった拝殿。

江戸時代の建物だとか。

201610212330
 
腰掛岩、と看板には書いてあります。

説明文の内容は忘れた。

誰が腰かけたのか知らぬが岩石に突き刺さった赤茶けた鳥居が怖い。

 201610212333

通路を挟みこむように迫り来る「夫婦岩」。

神が押し開いた岩、と伝えられているようです。

悪い心を持つものが通ると岩が閉じるとか。

えっ・・・・。

通れへんがな!

201610212336

人一人が通るのがやっとの狭さ。

閉じないまでも岩とか落下してきたりしねえだろうな、とちょっとびくびくしてる。

<2へ続く> 



shorttrip1