201610221259

夫婦岩をくぐりぬけた先に本殿。

201610221301

201610221304

ふもとの街並みが一望できます。

201610221305

 下りは裏参道を行くことにする。

 201610222320

なんだかよくわからんが岩が祭ってある。

201610222322

つらつらと下山。

201610221323
 
なぜか福禄寿の石像が。

なにゆえ七福神?

201610221327
 
途中に小さな池。

念のために書いておくが写真に写ってる人物は私ではありません。

201610221329

池の中央の台座に小銭を投げ込むと良いようだが、フォアボールに愛された暴投芸人と呼ばれた私としては遠慮されていただくことにする。

 201610221333

どこか伏見稲荷大社を思い出させる鳥居の連なり。

201610222336
 
出発点に戻ってまいりました。

太郎坊宮のある赤神山は昔から霊山として修験道の修行の場だったらしいんですが、境内をぐるりと一周した限りではさほどその神秘性や、外界と隔絶した異郷な雰囲気は味わえず。

神社から離れてもっと山奥にまで行かないといけなかったのかもしれません。

龍神舎から山頂にまで続くルートが実はあるようです。

ちなみにこちら祭神は天忍穂耳命。

アマテラスオオミカミの第一皇子ですね。

創建が古すぎて色んな信仰が混ざってしまってるみたいですが、それが神社の印象を幾分雑多なものにしているように私は感じました。

201610221351
 
ついでに永源寺でものぞいていこうかな、と愛知川沿いに421号線を東上する。

201610221354
 
永源寺の入り口付近。

愛知川のせせらぎと岸辺の木々がなにやら風情を醸す。

201610221357

で、またてくてくと石段をのぼっていったら、ですね、あははは、すでに閉門。

16時まで、って早かないか?

紅葉の季節は20時半までライトアップしてるらしいんですが、普段はそんなに人来ないんですかね?

201610221402

仕方がないのでさらに東へと進み、永源寺ダムへ。

201610221404

ダムっ!

 201610221407

でもここ、中に入れないんですよね・・・。

川を隔てて永源寺ダム公園にまで行けばもっと間近でダムを見れるし、ダム湖にも行けるみたいなんですか、 どうも車では無理っぽい感じ。

ダメだ、今回後半の予定がどうにもグダグダだ。

201610221417
 
もういいわ、風呂にでも入って帰ろう、と永源寺温泉八風の湯へ行くが、土日祝は1500円という驚愕の入浴料金を請求されへそをまげる。

風呂に1500円は高いぞ、やっぱり。

入ったけど。

まあ、私の場合、いつもきっちりと下調べをせず勢いと気分で突発的に出かけるのでこういう日もあるわけです。

そもそもこのあたりに来るなら普通はやっぱり紅葉シーズンだよなあ。

でも人が多すぎるのは嫌なんだよなあ。

さて、次はどこへ行こうか。



shorttrip1