2005年初出 羽生生純
エンターブレインビームコミックス 全4巻



一体何が描きたいのだろう?と2巻ぐらいまでは非常に戸惑ったんですが、ひたすら暴走と自爆を繰り返した挙げ句、全てをご破算としてしまうエンディングに、結局は全肯定なのか?とますます戸惑う。

ギャグ漫画としちゃあ中途半端だし、かといってホームドラマというにはデタラメ過ぎだ。

なんか得体の知れないエネルギーの奔流みたいなものは感じましたね。

作者ですら持て余していそうな様子の。

それに少しでもひきずられたら熱烈な支持者になりそうですが、客観的にこうだ、と冷静に分析するにはあまりに個性的に破天荒すぎて理が及ばず、私の場合、対岸で騒ぎを見物してたような心もちでした。

決して嫌いではないし、読み終わって時間を無駄にした、とも思いませんでしたが、商業連載ギリギリのレベルじゃあ、と思わせるきわどさはあります。

これまで培ってきたものを闇鍋風に全部ぐつぐつと煮込んだ印象。

ガツン、と一発かまされはするが、好き嫌いは分かれそう。



comic