2006年初出 桜玉吉
エンターブレインビームコミックス



一部に熱心なファンを抱える桜玉吉のエッセイ漫画。

他にもタイトルのかぶった防衛漫玉日記、幽玄漫玉日記等、ありますが私は未読。

もともとファミコン関連の雑誌で連載を持っていた人らしいので、その頃からのファンからすればまた見方も違うのかもしれませんが、この一冊だけをいきなり手にとってみた身としては、なんか内輪受けが多いな、って印象ですかね。

そこがいいのかもしれませんけど。

まあ、やっぱりね、連載をかかえて締め切りに四苦八苦する漫画家の日常を描くことを大筋とする、って、難しい、とは思うんですよ。

蛇が自分の尻尾を飲み込んで徐々に小さくなっていく様を見るようだ、とでもいいますか。

せめて永井豪の近作「激マン」みたいに、ヒット作となったあの作品の製作過程、その裏側を描く、みたいな形だったらまだ興味もそそられたと思うんですが、なにをそんなに追い詰められているのか、その理由のよくわからぬ狂騒だけで回を重ねられてもやっぱり共感できるものは少ない。

ただ、毎回内容によって絵柄が大きく変わるのは興味深かったですね。

サインペンで描いたような丸まっちいタッチから水墨画のようなタッチまで、この人、実はものすごく絵がうまい人なのでは、と思ったりした。

あとはコミックビームの名物編集長奥村氏とのやりとりが、私のようなマニアックな漫画ファンにしてみればちょっとそそられたりはする。

決してつまらなかった、ってわけではないんですが、一見さんである私みたいな読者が語るには、このシリーズのみでその魅力はつかみきれない、といったところでしょうか。



comic