2009年初版 伊図透
双葉社アクションコミックス 全2巻



人に触れることでその人の過去や未来が見えてしまう、「接触テレパス」の少女を主人公としたSF。

決して目新しくはないです。
 
筒井康隆の家族百景や七瀬ふたたびを読んでいる人なんかは、パクリじゃん、と揶揄するかも知れないですし、海外のドラマや映画なんかでもよくあるパターンだ、といえばそれまでですし。

しかしながらこの作品、単に焼きなおし、と切って捨てるには惜しい何かがあるように私は思うんですね。

他者にあらざる能力を持つということがどういうことなのか、それを作者なりの考察で実に真摯に描いていること、物語の核には骨太な人間ドラマがあること、さらにはそこを読者に伝えきる、高い画力と表現力を備えている事実は、やはり見過ごすわけにはいかない。
 
少なくとも昨日今日の新人が描けるレベルにある漫画じゃないことだけは確か。
 
わかっていてもぐっとくる、ってことが優れた作品にはままありがちだと思うんですが、まさに本作はそれじゃないか、と私は思うわけです。

とりあえず私は1巻ラストの刑事の行動に強く心揺さぶられましたね。

唯一残念なのは、まだ物語の途中なのにもかかわらず、2巻で連載がストップしてしまったこと。

当時結構話題になったように記憶しているので打ち切りではないと思うんですが、詳しい事情はわからず。

どうストーリーを結ぶのか、最後まで見届けたかったですね。

伊図透という傑出した才能のお披露目としてはインパクト充分か、と思うんで、後年の活躍でファンになった人は読んで損はない、と思いますね。



comic