カテゴリ:▶ 映画 > 監督別でないフェバリット

イタリア 2015監督 エドアルド・ファルコーネ脚本 エドアルド・ファルコーネ、マルコ、マルターニある日突然「神父になる!」と宣言した息子に当惑、翻弄される父親の姿を描いたコメディタッチの人間ドラマ。さて、なぜ父親があわてだしたのか、というと、本人、大病院の ...

アメリカ 1976監督 リチャード・ドナー脚本 デヴィッド・セルツァーエクソシストの後追いな印象は免れませんが、キリスト教圏における邪なる存在を子供の姿でもって具象化して見せた傑作でしょうね、やはり。なんだかんだいって子供って、無垢なる存在である反面、動物的 ...

アメリカ/香港 2015監督 アントワーン・フークア脚本 カート・サッター1931年のアメリカ映画「チャンプ」が元ネタ、と言われてますが公式なアナウンスを私は見つけられなかったので定かではなし。「チャンプ」自体、未見なので対比することは出来ないんですが、あらすじを ...

アメリカ 2016監督 ルッソ兄弟脚本 クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー「アイアンマン」に端を発するマーベルコミックの「アベンジャーズ」へと至る関連映像作品は、数が多すぎて全ては追いきれてないんですが、それでもあえて断言しましょう、今の ...

オランダ 2013監督、脚本 デューデリク・エビンゲ妻を亡くし、孤独な1人暮らしを送る初老の男の元に、妙な偶然から迷い込んだ中年男との、不思議な交流を描いた人間ドラマ。主人公である初老の男フレッドは敬虔なクリスチャン。しかしクリスチャンとして生きる自分にどこか ...

アイルランド/イギリス/ギリシャ/フランス/オランダ/アメリカ 2015監督 ヨルゴス・ランティモス脚本 ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ独身のままでいることが犯罪とされる架空の世界を描いたディストピアSF。伴侶と別れるや否や隔離施設に押し込め ...

スペイン 2014監督、脚本 カルロス・ベルムト日本の魔法少女のアニメが大好きな12歳の女の子が、実は白血病に冒されていて余命いくばくもなく・・・というオープニングからは、どう考えてもSFかホラーかダークファンタジーに転ぶしかない、と私は見立てていたんですが、こ ...

アメリカ/イギリス 2006監督 アルフォンソ・キュアロン原作 P・D・ジェームス全人類が生殖能力を失い、子供が一切産まれなくなった未来社会を描いたSF大作。物語自体はシンプルです。種の存亡の淵に立たされ、荒廃、混乱する世界で、なんの偶然か、1人の黒人女性が奇跡的 ...

ドイツ 2015監督 セバスチャン・ジッパー原案 セバスチャン・ジッパー、オリビア・ニーアガート=ホルム、アイケ・フレデリク・シュルツ140分ワンカット、一切の編集なしで製作されたことが話題になったクライム・サスペンス。思わぬ出会いから犯罪に巻き込まれる羽目にな ...

カナダ 1979監督 ピーター・メダック原作 ラッセル・ハンター幽霊屋敷ものの大傑作、と呼んでさしつかえないと思います。派手な血飛沫や、惨殺描写にグロなシーン等は一切なく、どちらかといえば古典的な演出を遵守した作品なんですが、これがもう半端じゃなく怖い。たい ...

イスラエル 2014監督 シャロン・マイモン脚本 シャロン・マイモン、タル・グラニット老人ホームに入居する老人が、仲間の願いに答えるべく開発した「安楽死マシーン」を巡って巻き起こる騒動を描いたコメディタッチの人間ドラマ。もちろんテーマは尊厳死。なんかもう見る ...

スペイン/アルゼンチン 2009監督 フアン・ホセ・カンパネラ原作 エドゥアルド・サチェリいや、これは凄かった。一切、文句なし。食い入るように見た129分、これを傑作といわずしてなにを傑作と呼ぶのか、のレベルにある見事なサスペンスと言っていいと思います。現在と25 ...

フランス/エストニア/ベルギー 2012監督 イルマル・ラーグ脚本 イルマル・ラーグ、アニエス・フォーブル、リーズ・マシュブフああ、これは若い人が見ても全く面白くないだろうなあ、とちょっと思った。好き放題生きてきたわがままなマダムと、同郷の家政婦との心の交流を ...

ハンガリー 2014監督 ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ脚本 バーリント・ヘゲドゥーシュ、ウッイ・メーサーロシュ・カーロイいやもう、最高の一言。なにからなにまで私の嗜好にどストライク。まさかハンガリーからこんな映画が飛び出してくるなんて、と驚きを通り超えて ...

スペイン/メキシコ 2007監督 J・A・バヨナ脚本 セルヒオ・G・サンチェス製作総指揮をギレルモ・デル・トロがつとめているせいもあって、彼の監督作「デビルズ・バックボーン」との類似点に思わずにやりとさせられたりもするんですが、はっきりいって圧倒的にこちらの方が ...

イラク/トルコ 2012監督、脚本 バフマン・ゴバディ無実の罪で30年にわたって投獄されたイランの詩人サヘルの、妻への愛情の行く末を描いた人間ドラマ。噂にはきいてましたが映像センス、素晴らしいの一言です。構図といい、光の加減といい、色調といい、ああ、これはもうア ...

アメリカ 1980監督、脚本 ジョン・カサベテス99年にシャロン・ストーン主演でリメイクもされたベルリン国際映画祭金獅子賞受賞の名作。なんと言っても監督のジョン・カサベテスが素晴らしかったのは、当時50歳だった主演のジーナ・ローランズを等身大のまま恐ろしくかっこ ...

ドイツ 2014監督 クリスティアン・ペッツォルト原作 ユベール・モンテイエアウシュビッツから奇跡的に生還を果たした女と、その夫との戦後の邂逅を描いた作品。戦争に運命を翻弄された夫婦の奇跡的な巡りあわせを感動的に綴った大作なのか?と先入観をもってしまいそうな ...

ブルガリア/ギリシャ 2014監督、脚本 クリスティナ・グロゼヴァ、ペダル・ヴァルチャノフブルガリアの新鋭女流監督、クリスティナ・グロゼヴァの長編デビュー作。クレジットに名を連ねているペダル・ヴァルチャノフって人は旦那らしいです。二人三脚で映画を共同制作してい ...

スペイン 1973監督 ヴィクトル・エリセ脚本 ヴィクトル・エリセ、アンヘル・フェルナンデス=サントス恐ろしく寡作ながら多くの映画人やファンから圧倒的支持を集めるヴィクトル・エリセの本邦デビュー作。なんとも不思議な作品です。まず、セリフがほとんどない。説明的 ...

↑このページのトップヘ