カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:2014年

ハンガリー 2014監督 ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ脚本 バーリント・ヘゲドゥーシュ、ウッイ・メーサーロシュ・カーロイいやもう、最高の一言。なにからなにまで私の嗜好にどストライク。まさかハンガリーからこんな映画が飛び出してくるなんて、と驚きを通り超えて ...

アメリカ 2014監督 ジェームズ・ガン原作 ダン・アブネット、アンディ・ラニング銀河のならずもの達がはからずも宇宙を救う!って、この手のネタのスペースオペラがこれまでいったいどれほど大量あったことか、ちょっと振り返ってみただけでも軽く貧血を起こしてしまいそ ...

カナダ 2014監督・脚本 ローウェル・ディーンまあもうタイトルといい、ジャケットといい見るからにやばそうな臭いがぷんぷんしてるわけですが、万が一、ひょっとしたら、もしかしたら、隠れた秀作で、大笑いさせてくれるバカ映画かも、と一縷の期待を胸に視聴、おおっこれ ...

スウェーデン/ノルウェー/フランス/ドイツ 2014監督、脚本 ロイ・アンダーソンリビング・トリロジーと呼ばれるアンダーソン監督の三部作、最終編。やってることは「散歩する惑星」の頃から全く変わってません。第一作から通算して14年が経過しているというのにここまで変化 ...

アメリカ 2014監督、脚本 ダン・ギルロイいわゆるパパラッチの倫理観を描いた作品なわけですが、正直なところ、そのテーマ性とストーリーテリングにさほど新鮮味はありません。まず大前提としてスクープを追うマスコミの節操のなさ、人でなしぶりはわざわざ映画に教えても ...

アメリカ 2014監督、脚本 セオドア・メルフィ偶然お隣同士になった不良老人と少年の奇妙な交流を描いたコメディタッチの人間ドラマ。はっきりいってこの手の作品の王道を行く内容で、どうストーリーが転ぶのか、なにもかも予想できる意外性のなさに幾分辟易させられる部分 ...

ロシア 2014監督 ドミトリー・グラチェフ原作 アレクサンドル・グロモフ遠い未来、惑星XT-59において流刑に処された犯罪者達の300キロに及ぶ決死のサバイバルを描いたSFアドベンチャー。文章で書くとガチガチのSFみたいですが、実際はそれほどややこしいわけでもなく、別 ...

トルコ/フランス/ドイツ 2014監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン脚本 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、エブル・ジェイラン前作「昔々、アナトリアで」もよくわからない映画でしたが、路線は変わらず今回もとても万人受けするとは思えない独自路線です。カッパドキアでホテル業を営 ...

イギリス 2014監督 サシャ・ベネット脚本 サシャ・ベネット、ドゥージー・ブリムソン齢70を超えようかという元ギャングの爺さん達が、路上で撲殺されたファミリーの仇討ちに乗り出す、というプロットはおもしろかった、と思うんです。じじいとはいえ、何度も死地を潜り抜 ...

ドイツ 2014監督 クリスティアン・ペッツォルト原作 ユベール・モンテイエアウシュビッツから奇跡的に生還を果たした女と、その夫との戦後の邂逅を描いた作品。戦争に運命を翻弄された夫婦の奇跡的な巡りあわせを感動的に綴った大作なのか?と先入観をもってしまいそうな ...

アメリカ 2014監督、脚本 アンドリュー・ニコル9.11以降、実際に米軍で実践されたドローンによる対テロ戦争を描いた作品。まず、すでに2010年にはこんなことが米軍によって行われていたのか、という驚きはありましたね。もうね、どう見てもシューティングゲームなんです。 ...

ブルガリア/ギリシャ 2014監督、脚本 クリスティナ・グロゼヴァ、ペダル・ヴァルチャノフブルガリアの新鋭女流監督、クリスティナ・グロゼヴァの長編デビュー作。クレジットに名を連ねているペダル・ヴァルチャノフって人は旦那らしいです。二人三脚で映画を共同制作してい ...

オーストリア 2014監督、脚本 ヴェロニカ・フランツ、セブリン・フィアラなんかとんでもなく禍々しいホラーなのでは・・と思って見ると、微妙に肩透かしを食らうかもしれません。私の感覚ではホラーというより、サイコスリラーとか心理サスペンスとか、そっちの系統の作品 ...

アメリカ/メキシコ 2014監督 ラルフ・ジマン原作 梅津泰臣オリジナルである日本の18禁アニメ版は見てないんですが、このリメイク版にのみ限って言うなら失敗してる、の一言に尽きますね。多分監督はアニメ版を大きく改変せず、そこそこ忠実にやってるのでは、と思うんです ...

アメリカ 2014監督 ダーレン・アロノフスキー脚本 ダーレン・アロノフスキー、アリ・ハンデルさて私は無宗教、無信心な大馬鹿野郎ですんで、この作品がどれほど聖書に忠実なのか、もしくは聖書との差異になにかを見出そうとしているのか、そのあたりはさっぱりわからない ...

メキシコ 2014監督、脚本 イサーク・エスバン今流行のリベンジスリラー系か、はたまた「SAW」シリーズみたいな残虐なやつなのか、と身構えてたら意外にも「CUBE」系の作品であら?って感じ。とりあえずポスター写真は煽りすぎです。こんなシーンあったか?と考え込まないと ...

中国/香港 2014監督 テディ・チャン脚本 ラウ・ホーリョン、マック・ティンシューなんせ「孫文の義士団」のテディ・チャンとドニー・イェンのタッグで、タイトルがカンフー・ジャングルですから、期待するな、という方が難しい。結論から書いちゃいますと、ここまでの地位 ...

スペイン 2014監督 アルベルト・ロドリゲス脚本 アルベルト・ロドリゲス、ラファエル・コボススペインの映画賞であるゴヤ賞で10部門において受賞に輝いた作品。普通によく出来たサスペンスだ、とは思いました。スペイン郊外の閑散とした田園風景を背景に、猟奇的な殺人事 ...

アメリカ 2014監督、脚本 アナ・リリー・アミールポアーイランの架空の街バッド・シティを舞台に、全編ペルシャ語で撮影された吸血鬼もの怪異譚。各地の映画祭で話題をかっさらった作品らしいですが、それほどの出来だろうか?というのが正直なところ。やっぱりですね、吸 ...

アメリカ/カナダ/中国 2014監督 チャド・スタエルスキ脚本 デレク・コルスタッドなんだこれ、っつーぐらい面白くて自分でも訳がわからん。というのもですね、プロットだけで判断するならそれこそ欠片の新鮮味も斬新さもないんですよね、この作品。かつて最強の殺し屋と呼 ...

↑このページのトップヘ