カテゴリ:▶ 映画 > ドゥニ・ヴィルヌーヴ

アメリカ 2015監督 ヴィニ・ヴィルヌーヴ脚本 テイラー・シェリダンメキシコの麻薬組織壊滅チームに抜擢された、女性捜査官の苦悩と葛藤を描いた社会派サスペンス。まあなんといっても驚かされたのは国境付近で展開される麻薬戦争の凄まじき実態ですかね。本当にこんな感 ...

カナダ 2000監督・脚本 ドゥニ・ヴィルヌーヴセルDVDにはなぜか「官能の悪夢」などというわけのわからない副題がついているのですが、とりあえず「官能」は期待してもらっちゃあ困る、と制作陣があわてるレベルです。はてどのあたりが官能?って感じ。エロチックサスペンス ...

カナダ/スペイン 2013監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ原作 ジョゼ・サラマーゴ近年注目してる監督の1人ですんで、相当な期待はあったのですが、これまで数々の素晴らしい作品を撮っておきながら、今更こういう方向性の作品を撮るのかよ、と幾分落胆した1本がこれ。こういう傾向 ...

2011 カナダ/フランス監督 ヴィニ・ヴィルヌーヴ原作戯曲 ワジディムアワッド  プリズナーズがあまりにおもしろかったので、遡って見た同監督の作品ですが、これがまたとんでもない作品で、再び仰天。母の死後、遺言に従い、所在不明の父親と兄を探すために、過去をさぐ ...

2014 アメリカ監督 ドゥニヴィルヌーブ脚本 アーロングジコウスキ 評判にたがわず、見事な出来の一本。見始めて10分で画面に釘付け。ストーリー自体は単純なんです。感謝祭を隣人と祝う家族の元から、ふいに姿を消した少女二人。はたして少女は誘拐されたのか、それとも事 ...

↑このページのトップヘ