三柴理というより三柴江戸蔵、といった方がなじみがあるかもしれません。80年代の日本のインディーズバンドに感化された人なら筋肉少女帯の初期キーボードプレイヤーとして、その名を記憶していることと思います。とりあえず私が仰天したのは1にも2にもこのアルバム。  もう ...