カテゴリ:▶ ロック > pink floyd周辺

on an island 2006ピンクフロイドのギタリストであるデイヴギルモアの、78年作以来22年ぶりになるソロアルバム。さて私にとってのフロイドとはギルモアであり、リチャードライトなので、もうね、94年の「対」以降、全く音沙汰のなかったフロイドの空白期間を埋める感涙の1枚 ...

wet dream 1978ピンクフロイドのキーボードプレイヤー、リチャードライトのソロアルバム。「wall」製作途中にロジャーウォーターズとの対立が深刻化して、いったん解雇されてますが、その後「対」で復帰。発表時期を鑑みるなら、ちょうどウォーターズともめてた頃ですかね、 ...

イエスやクリムゾンと並んで英国の代表的なプログレバンド、とみなされてますが、私の感覚ではそれほどややこしいわけでも複雑怪奇なわけでもない、というのが率直な感想です。初期のシドバレット在籍時のアルバムなんか、普通にサイケデリックロックで、プログレのプの字も ...

↑このページのトップヘ