カテゴリ:▶ 漫画 > ├漫画:0年代

2005年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス 全4巻一体何が描きたいのだろう?と2巻ぐらいまでは非常に戸惑ったんですが、ひたすら暴走と自爆を繰り返した挙げ句、全てをご破算としてしまうエンディングに、結局は全肯定なのか?とますます戸惑う。 ギャグ漫画 ...

2002年初出 羽生生純エンターブレインビームコミックス描けなくなった漫画家と起死回生をもくろむ編集者が何故かヤクザとかかわりあいを持ち、ヒットマンとして殺人を重ね、逃亡生活を余儀なくされるという破天荒なサスペンス。 漫画家と編集者というとなんだか特異な印象 ...

2001年初出 あさりよしとお講談社アフタヌーンKCもちろんタイトルは細腕繁盛記のもじり。この手のお遊びが本当に好きな人である、あさりよしとおって。何気ない日常に突然三葉虫を放り込んだらどうなるか、をシュミレートしたコメディタッチの連作なんですが、このマンガの ...

2007年初版 いがらしみきお小学館ビッグコミックス 全4巻都会暮らしに疲れたサラリーマンの田舎ぐらしをコメディタッチで描いた作品なんですが、なにやらきな臭く含むものがあって一筋縄でいかない感じなのが特徴的。 都会の人間が想像するところの田舎暮らしに対する淡い ...

2007年初版 いがらしみきお小学館ビッグコミックスいがらしみきおモダンホラー傑作選と銘打たれてますが、ホラーなのは1作目と最後の作品ぐらいで後はどっちかというとやや荒唐無稽なSF。 総じて短編の割にはオチが弱い印象もありますが、表題作のガンジョリだけは非常に ...

2001年初版 いがらしみきお竹書房バンブーコミックス 全2巻まあしかし「ぼのぼの」のいがらしみきおしか知らなかった人は腰を抜かしたことと、と思います。 私のことなんですけれども。まさかのこの人がホラーを?って、誰もが思ったんじゃないでしょうか。正直、オチは微 ...

2006年初出 五十嵐大介小学館ikkiコミックス 全5巻作者らしい内容だ、と感じつつも、どこかこれまでとは違うことをしようとしている気がしたりも。 とりあえずスケールはとんでもなく大きいです。 あらゆる生命にまつわる海と地球の物語。イマジネーションの洪水とでも言 ...

2004年初版 五十嵐大介講談社アフタヌーンKC 全2巻田舎暮らしをテーマにした料理漫画、ってところでしょうか。 おもしろくない訳じゃないが、過剰におもしろいわけでもないです。田園風景にあこがれを抱く人、スローライフ志向な人にとってはひたれる作品かもしれませんが ...

2007年初版 五十嵐大介竹書房バンブーコミックス 猫マンガ好きのための市場においては見事ストライクかと思われる内容ですが、作者の資質を鑑みるに余技的エッセイマンガ、と言っていいのでは、と。ただ、猫を過剰に愛玩動物視、しいては都合よく擬人化しないリアルな描写は ...

2004年初版 五十嵐大介小学館IKKIコミックス 全2巻今のところ五十嵐大介の作品の中で個人的に一番唸らされたシリーズ。ただ世間の論調とは違う部分で私は評価していたりします。 自然に対する敬愛と畏怖が作品の根底にはあり、その手の描写では右に出る者はなし・・・みた ...

2006年初出 平野俊貴、植竹須美男/阿部洋一メディアワークス電撃Jコミックス 全4巻かつてリイド社から刊行され、あっというまに廃刊になった少年ファングに掲載されていた作品。2010年に発刊された電撃コミックジャパンに続編の連載が始まったんですが、これも2013年の廃刊 ...

2009年初出 阿部洋一講談社マガジンKC 全3巻オープニング早々、物語の舞台となる町の上空に広大なくもの巣が張られたシーンが出てくるんですが、それを目にしただけでもうあたしゃノックアウト。作品の世界観を構築するのにあれやこれやと手練手管をつくしてカタカナ造語を ...

2006年初版 阿部潤小学館ヤングサンデーコミックスいかにも0年代初頭のジャパニーズホラーブームに触発されました、とでも言いたげなホラー。 小道具からシナリオ構成、舞台設定に至るまでリングかはたまた呪怨かそれとも着信アリか、ってな有様で手垢感が付きまとうのは否 ...

2008~09年初出 安堂維子里徳間書店リュウコミックスおそらく本書が著者のデビュー短編集。当時、あちこちで話題になりましたが、後追いで読んでみて、それほど想像してた内容と大きく食い違うことがなく、ああ、この系統か、といった感じ。 少し不思議な物語、ってのが一 ...

2009年初出 アントンシク小学館少年サンデーコミックス 1~2巻(全8巻)空を飛ぶことが禁じられた高地の王国で、空にあこがれる少年ニットの冒険を描いた異世界ファンタジー。いかにも悪役な王様にバカ王子、迫害される主人公、優しい幼なじみと、王道とも言えるベタな設定 ...

2006年初出 アントンシク幻冬社バーズコミックス 全5巻舞台は室町時代、時の将軍足利義満の命で、陰陽士土御門有盛の手によりその強大な能力を奪われ子供の姿にされた伝説の大鬼ガゴゼの転落と再生を描いた一大妖怪絵巻。 ページを開いて読み進めていく内、初めて読んだと ...

2008年初出 東冬徳間書店リュウコミックス 1巻(以下続巻)第二次世界大戦前夜のアジア大陸を舞台に日本軍嵐山機関、炎帝の子孫にあたる血族、そして紅軍と三者いりみだれてロボット風の超兵器や人外の魔物なども登場する歴史改変伝奇シュミレーションSF。何となく機神兵団 ...

2006年初版 吾妻ひでお角川書店「失踪日記」に着手する以前から、描き終えるぐらいまでの間の日常を綴ったエッセイ漫画。失踪日記的な波乱万丈のエンターティメントを期待してはいけません。どっちかというと覚え書きに近い。どんな本を読んだとか、どんな音楽を聞いたとか ...

2009年初版 吾妻ひでお角川書店作者の若かりし頃を描いた自伝風エッセイ漫画。「失踪日記」以降の作品らしい、精緻な作画が映える高品質な一品、と言っていいでしょうね。 とりあえず背景の書き込みは尋常ではないです。 漫画表現でしかあり得ぬ奇異な人外の造形の数々は ...

2005年初版 吾妻ひでおイーストプレス吾妻ひでおの熱心なファンではないので断言は出来ないんですが、やはりこりゃ「化けた」作品だと思うんですね。 自伝というかエッセイみたいなものが創作を凌駕して圧倒的におもしろい、というのはよくあるケースだと思うんですが、そ ...

↑このページのトップヘ