カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:0年代

アメリカ 2009監督 ガイ・リッチー原案 ライオネル・ウィグラム、マイケル・ロバート・ジョンソンシャーロッキアンからは総スカンを食らったんじゃないかしら?と思えてくるほどに従来のホームズ像を根こそぎぶっこわした作品だと思います。頭脳明晰で紳士だが高慢なとこ ...

ロシア 2004監督 ティムール・ベクマンベトフ原作 セルゲイ・ルキヤネンコ当時、ロシアのマトリックス、と呼ばれた作品。まあ、罪なキャッチフレーズですよね。というのも、別段内容的にかぶってると思えないから、なんですが。マトリックスが仮想現実を題材としているの ...

アメリカ 2007監督、脚本 ロブ・ゾンビ78年に発表されたジョン・カーペンター監督作「ハロウィン」のリメイク版。しかしまあロブ・ゾンビは本当にこの頃のスラッシャー・ムービーが好きなんだなあ、と。前作のマーダー・ライド・ショーもいうなれば悪魔のいけにえのリブー ...

イギリス 2008監督、脚本 ガイ・リッチー「スウェプト・アウェイ」「リボルバー」と連発して大コケをかましたガイ・リッチーの原点回帰作。おなじみロンドンの裏社会をモチーフに、悪党どもの思惑が交錯、成り行きが2転3転するクライム・サスペンスを手慣れた感じでやらか ...

アメリカ 2005監督、脚本 ロブ・ゾンビいわゆるスラッシャームービーの続編というと、アイコンたる殺人鬼がさらに七面六臂な活躍を見せ、被害者倍増、血飛沫大サービスのスケールアップ版みたいな感じになることが多いかと思うんですが、意外にもロブ・ゾンビ、本作ではそ ...

オーストラリア/フランス/ドイツ 2009監督、脚本 ジェシカ・ハウスナーカトリック教会の巡礼地であるフランスのルルドの泉で、一人の全身麻痺の女に起こった奇跡を描いた作品。さて、知らない人のために書いておくと、ルルドの泉というのは14歳の少女が聖母マリアのお告げ ...

アメリカ 2003監督、脚本 ロブ・ゾンビアメリカン・ヘヴィロックの雄、ロブ・ゾンビの初監督作品。まあ、よくあるホラーと言えばそれまでですし、サイケデリックでクレイジーであの頃のスラッシャームービーに対する愛に満ちている、といえばそうかも、ですし。とりあえず ...

スウェーデン 2008監督 トーマス・アルフレッドソン原作 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト人あらざる少女といじめられっ子な少年のはかなげな恋を描いた風変わりなホラー。副題にはもう少し気をつかってほしい、と心の底から思いますが、日本人はネタバレ前提で見るし ...

香港 2008監督、脚本 デニス・ローサモ・ハン・キンポー主演のマフィアもの。まあ、お話的には武闘ヤクザ組織の栄枯盛衰を描いたありがちなもので、格別どうこう言うこともないです。かつての東映ヤクザ映画とか、スカーフェイスあたりを想像してもらえればそれでOK。ある ...

アメリカ 2001監督、脚本 リチャード・ケリー航空機のエンジンが自宅に落下してくるのを免れ、九死に一生を得た少年の、現実とも妄想とも言い切れぬ奇妙なその後の28日間を描いた作品。もう先に言ってしまいますけど、最後にとんでもないオチが待ってます。これ、かなり衝 ...

フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア 2005 監督、脚本 ミヒャエル・ハネケカンヌで3部門を受賞した他、色んな映画評論家からも絶賛された本作ですが、うーん、これどうなんでしょうね。ある日突然、主人公の自宅に謎のビデオテープが届き、なんだろう?と再生してみ ...

イタリア 2007監督 アンドレア・モライヨーリ原作 カリン・フォッスム北イタリアの小さな村にある湖の畔で発見された、女性の全裸遺体の謎を追うサスペンス。もうシチュエーションはこれでもかとばかりに本格ミステリの佇まいです。住人同士見知らぬ顔がないという地域性 ...

イギリス/フランス 2005監督 ガイ・リッチー脚本 ガイ・リッチー、リュック・ベッソンカジノの顔役にはめられて服役する羽目になった男のリベンジを描いた作品。うんうんガイ・リッチーお得意の題材だね、さて今回はどう「あっ!」と言わせてくれるのか、と期待して見てた ...

アメリカ 2009監督 アレックス・プロヤス原案 ライン・ダグラス・ピアソン50年前に少女が書いた数字の羅列が実は災害を予知したものだった、ってな前フリのSFサスペンス。まあ、はっきり言っちゃうとベタです。どこかで似たような話を読んだような?見たような?気がして ...

アメリカ 2002監督 ガイ・リッチー脚本 リナ・ウェルトミューラー74年作のイタリア映画「流されて・・・」のリメイク。主演に当時監督の嫁だったマドンナを抜擢。とんでもなく高飛車でわがまま放題なブルジョアの婦人が、船旅の途中で接待役だった水夫と二人きりで無人島 ...

韓国 2001監督、脚本 キム・ギドク見ず知らずのヤクザに騙されて売春宿へ売り飛ばされてしまった女と、そのヤクザ本人との、いびつで不可解な関係を描いた作品。キム・ギドク初期の衝撃作、と言っていいでしょうね。もうこんなシナリオ書ける監督なんて近年じゃあ彼ぐらい ...

アルゼンチン 2009監督 ガストン・ドゥプラット&マリアノ・コーン脚本 アンドレス・ドゥプラット外国に限った話じゃない、日本でもおなじみな隣人トラブルを題材にした作品。タイトルになっているル・コルビュジエってのは建築家の名前で近代建築の3大巨匠と呼ばれた人物 ...

アメリカ 2004監督 アレックス・プロヤス原作 アイザック・アシモフやっぱりSFはこうでなくちゃなあ、と一人頷いたのがこの作品。もはやSFの世界では古典と言えるアシモフの原作を、脚本家やらプロヤス監督がいじくりたおして完成にこぎつけたらしいんですが、温故知新と ...

ベルギー 2008監督 エリク・ヴァン・ローイ脚本 バルト・デ・パウパーティーの夜、とある豪奢な一室を前にして、4人の男たちに1人の男が弁舌をふるう。「どうだ、いい部屋だろ?実はこの部屋の鍵は5つある。何に使うかは俺たち5人それぞれの自由さ。どうする?この鍵を受 ...

アメリカ 2000監督、脚本 ガイ・リッチー前作、ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズをすべてにおいてスケールアップさせたかのような秀作だと思います。もう登場人物が多すぎて、誰の思惑がどこと利害衝突して何がどう転んでるのか把握するのが大変なんです ...

↑このページのトップヘ