カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:70年代

アメリカ 1974監督 ジョン・カーペンター脚本 ジョン・カーペンター、ダン・オバノン私が見たDVDはこんなジャケットじゃなかったし、なんせカーペンターだからきっと怖い感じに違いない、と勝手に思い込んでたんですが、蓋を開けてみればコメディで本当にびっくりしました ...

1989年初版 山上たつひこ秋田書店プレイコミック初版は平成元年ですが、内容と絵柄から察するにおそらく初出は70年代半ばぐらいでは、と思われます。おなじみ下品極まりないエログロギャグ。滅茶苦茶やってます。狂ってます。初期の著者のギャグって、もうほんと男性の生理 ...

イギリス 1971監督 ロマン・ポランスキー原作 ウィリアム・シェイクスピアかの有名なシェイクスピアの戯曲、マクベスを映画化。2015年現在、DVD化されておりません。VHSなら比較的安価で出回ってます。私はシェイクスピアの戯曲自体をきちんと読んだことも、観たこともな ...

イタリア/フランス/西ドイツ 1972監督 ロマン・ポランスキー脚本 ロマン・ポランスキー、ジェラール・ブラッシュポランスキーの欲望の館★【中古】VHS!未DVD化!米からイタリアにやって来たシドニー・ロームが、強姦に遭遇し、リゾートホテルに逃げ込むも、そこは異常性 ...

アメリカ 1974監督 ロマン・ポランスキー脚本 ロバート・タウンジャックニコルソン演じる私立探偵が町ぐるみの汚職に挑むハードボイルドなミステリ。実に見ごたえがあった、というのは確かなんです。じりじりと真相に迫っていく展開は二転三転するシナリオ構成の見事さに ...

フランス/イギリス 1979監督 ロマン・ポランスキー原作 トーマス・ハーディーイギリスの文豪トーマスハーディーの「ターバヴィル家のテス」を映画化した文芸大作。19世紀末イギリスの農村地帯を舞台に、貧農の娘として産まれたテスの数奇な恋を描いた作品ですが、とにかく ...

フランス/アメリカ 1976監督 ロマン・ポランスキー脚本 ロマン・ポランスキー、ジェラール・ブラッシュポランスキー自らが主演をつとめた狂気がテーマの心理スリラー。どこか「反撥」と似たような印象を私は持ちましたね。多分キャロルとトレルコフスキーは置き換え可。こ ...

カナダ 1983監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 スティーブン・キングやたら薄気味悪かったり、偏執的だったりするホラーが得意な監督だと思っていたらなんだこれは、と当時ひどく心揺さぶられた一作がこのデッドゾーン。交通事故が原因の5年に及ぶ昏睡から目覚めた主 ...

アメリカ 1974監督、脚本 ブライアン・デ・パルマデパルマのカタログの中では1、2を争う勢いで大好きな一本。かの有名な「オペラ座の怪人」を、ロックミュージカルとしてアレンジ、 窯成した作品なわけですが、これがもう半端じゃなくおもしろい。いかにもロックビジネ ...

アメリカ 1976監督 ブライアン・デ・パルマ脚本 ブライアン・デ・パルマ、ポール・シュレイダーヒッチコックの「めまい」に刺激を受けて制作された作品、とのふれこみですが、ヒッチコックをわざわざ引っぱり出すまでもなく、そもそもシナリオに無理がある、と私は思った ...

アメリカ 1973監督 ソウル・バス脚本 メイヨ・サイモン謎の宇宙現象の影響で、蟻が突然知能を持ち、人間を攻撃しだしたら・・・という仮想を描いたパニックSF。そもそも謎の宇宙現象って、なんなんだ、と思わずつっこみたくなってしまうわけですが、きちんと生物学を踏ま ...

アメリカ 1972監督、脚本 ジョン・ウォーターズ伝説的カルトムービーなわけですが、私が見ててまず思ったのは、これ、ほとんど素人映画じゃ・・・・、でした。監督の素性に詳しいわけではないですが、カメラワークといい、演出といい、自主制作レベル。また出てる役者がセ ...

1978年初出 手塚治虫ちゃんと調べてはいないんですが、先生が最後に描いた少年SFでは、と思います。残念ながら未完。しかしながらこれがですね、やたらとおもしろいんです。なぜこれが打ち切られてしまったのか不思議に思えてくるぐらい、アイディアと創造性の宝庫で、これ ...

アメリカ 1978監督 ブライアン・デ・パルマ原作 ジョン・ファリスキャリーがヒットしたので柳の下、って感じで撮ったんでしょ?みたいな揶揄的な評価をされがちですが、私、これはこれで悪くない、と思っていたりします。現実に存在するとしたら超能力者とはどう描かれる ...

カナダ 1975監督、脚本 デヴィッド・クローネンバーグ人間を色情狂にする寄生虫が狂信的な教授の手で作り出され、隔離的環境の島で爆発繁殖する、というストーリーのなんだかよくわからないパニックSF。うーむ、クローネンバーグも1日にしては成らず、といった感じですかね ...

アメリカ 1976監督 ブライアン・デ・パルマ原作 スティーブン・キングなんて救いのない映画を撮るんだ、と。キングの原作に忠実なのかどうかよくわからないんですが、この作品が語っているのは、不幸は連鎖し、負のスパイラルは断ち切ることが出来ない、でしかないように ...

アメリカ 1973監督 ブライアン・デ・パルマ脚本 ブライアン・デ・パルマ、ルイザ・ローズオープニングからして非常に薄気味悪いです。これ、生理的に大丈夫なのか私?と不安にさせるものがあったりするんですが、一転、物語序盤は芸能界の底辺で生きるスターの卵のラブア ...

1970年初出 手塚治虫異色の性教育漫画、などと言われたりしてますが、そんなご大層なものでもなし。多分後づけで誰かが言ったんでしょうね。 愛情に恵まれない子供時代を送り、屈折した青年になってしまった主人公が、何故か人知を超越した存在の力で「罰だ」とばかり、時 ...

カナダ 1977監督、脚本 デヴィッド・クローネンバーグ先進的な医療を試したがため、肉体に変異を起こしてしまった女が、無差別に血を求め、次々と感染者を増やしていく、という、吸血鬼を下敷きにしたパニックホラーなんですが、とりあえず初期設定がかっ飛びすぎですよ、 ...

アメリカ 1978監督 ジョン・カーペンター脚本 ジョン・カーペンター、デブラ・ヒルジョン・カーペンターの出世作であり、いわゆるアメリカンホラーにおける「不死身の殺人鬼もの」の原点となった作品。13日の金曜日のジェイソンもエルム街の悪夢のフレディも、すべてはこ ...

↑このページのトップヘ