カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:90年代

デンマーク 1999監督、脚本 ニコラス・ウィンディング・レフン主に、嫁の兄貴と色々こじれてしまった義弟の煩悶、凶行を描いた作品。サスペンスといえばサスペンスかもしれませんし、心理ドラマといえば心理ドラマかも。ストーリーは義弟と兄貴の確執を徐々にあぶり出して ...

アメリカ 1994監督 アレックス・プロヤス原作 ジェームズ・オバー原作はアメコミ。今なおカルト的人気を誇る作品で、プロヤス監督の名を世に知らしめた出世作でもあります。次作「ダークシティ」につながる仄暗い映像美や、当時シーンを席巻してたグランジ、オルタナティ ...

ドイツ 1996監督 マルティン・ヴァルツ原作 ラルフ・ケーニッヒもしコンドームとそっくり同じ形状のクリーチャーがいたら・・・という奇想を映像化したドイツ屈指のバカ映画。いや、これもうドイツ云々どころか、バカ映画界屈指、といった方がいいかもしれませんね。私が ...

アメリカ 1992監督 ダリオ・アルジェント脚本 ダリオ・アルジェント、T.E.D.クライン監督の実の娘であるアーシア・アルジェントを主演に迎えて制作されたサスペンス。「フェノミナ」「オペラ座血の喝采」と、アルジェント偏執の美学が頂点に達したか、と思われる傑作を立 ...

アメリカ 1998監督 アレックス・プロヤス脚本 アレックス・プロヤス、レム・ドブス、デヴィッド・S・ゴイヤーふと目覚めると、自分の過去が一切思い出せない。自分が何者であるのかすらわからない。見覚えのない部屋を探るように歩くと、ベッドの傍らに女の死体が。死体に ...

アメリカ 1996監督、脚本 ウェス・アンダーソン精神疾患を患い入院していた主人公が、バカな友達にそそのかされて強盗をやらかしてしまうお話。アンダーソン監督の劇場デビュー作でもあります。ま、一言でいうなら初監督作から変。ロイヤル・テネンバウムズ以降の高い構成 ...

スペイン 1998監督、脚本 ペドロ・アルモドバルシングルマザーとして息子のために生きてきた女が、自分の過去をふり返る日々を経て、再び母として歩みだすまでを描いた再生の物語。主に焦点が当てられているのはマイノリティとして社会の片隅でささやかに生きる人たち。そ ...

1998 イギリス監督、脚本 ガイ・リッチー ガイ・リッチー監督のデビュー作にして出世作。怪しげなカジノで闇社会の大物に莫大な額の借金を背負わされた若造4人組が、返済を迫られ、ギャングの上前をはねることを計画、それぞれの思惑が交錯する様子、そして大金の行方を、 ...

ニュージーランド 1992監督 ピーター・ジャクソン原案 スティーブン・シンクレアスプラッターホラーの極北であり、ひとつの頂点がこの作品である、というのは少し褒めすぎでしょうか。お手本となっているのはサム・ライミの「死霊のはらわた」であることは間違いありませ ...

アメリカ 1997監督 ウォルフガング・ペーターゼン脚本 アンドリュー・W・マーロウまあ、もうみんなつっこんでますけど、こんな大統領が居るわきゃない、ってのがまず前提としてあって。テロリストにハイジャックされた大統領専用機において、単身銃を手に、拘束されたファ ...

アメリカ 1993監督 ウォルフガング・ペーターゼン脚本 ジェフ・マクガイアまあ、可もなく不可もなく無難なラインでまとめた、ってな感じでしょうか。イーストウッド演じる老いたシークレット・サービスが、ケネディ大統領を守れなかった自責の念から、現場の若い連中に疎 ...

アメリカ 1995監督 ウォルフガング・ペーターゼン脚本 ローレンス・ドゥウォレット、ロバート・ロイ・プールアフリカ奥地で発生した未知の伝染病がアメリカで蔓延するのを食い止めようとする軍医の奮闘を描いた、ウィルスパニックもの。いやもう文句なしに面白いです。似 ...

アメリカ 1998監督 ウェス・アンダーソン脚本 ウェス・アンダーソン、オーウェン・ウィルソンなんとも奇妙な映画。やたら勢いと行動力だけはあるが学校の成績はさっぱり、という主人公の少年マックスと、なぜかそんなマックスに入れ込む中年ハーマン、そして、その二人に ...

アメリカ 1991監督 ウォルフガング・ペーターゼン原作 リチャード・ニーリー事故で記憶を失った男が、自分の過去を調べていく過程であからさまになる「驚愕の真相」を描いたサスペンス。ペーターゼン監督のフィルモグラフィーの中では驚くほど話題になっていない一作かと ...

アメリカ 1998監督 ランス・マンギア脚本 ランス・マンギア、ジェフリー・ファルコン核戦争勃発後、ソビエトに支配されたアメリカに唯一残された楽園、ロスト・ベガスの王となるため旅を続けるロックンローラー、バディの戦いの日々を描いた近未来仮想バカSF。ソビエトが ...

アメリカ 1998監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟もう本当にばかばかしくて腹を抱えた。元々この手の「ちょっと壊れ気味な人たちのドタバタ劇」が大好きで仕方ない、というのもありますが、過剰にやりすぎず、それでいてサービス精神満点なコーエン兄弟の匙加減の ...

アメリカ 1999監督 スタンリー・キューブリック脚本 スタンリー・キューブリック、フレデリック・ラファエル 私の勝手な思い込みなのかもしれませんが、大監督と呼ばれる人に限って晩年になると性と倒錯をテーマに映画を撮りたがるような気がして仕方がないですね、なん ...

アメリカ 1996監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟アメリカ中北部の田舎町を舞台にした偽装誘拐事件を描いたサスペンス。とはいえ実はファーゴとは架空の街。よって、この作品は実話が元である、という作品冒頭のテロップも実は嘘。コーエン兄弟なりのジョークだっ ...

アメリカ 1994監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟、サム・ライミ会社ぐるみの陰謀によって新社長に抜擢された社内郵便物配達係の思惑外れな大活躍を描いたドタバタコメディ。いやもう、問答無用で楽しいです。爆笑ポイントが連鎖誘爆するがごとく全体に網羅。基本 ...

アメリカ 1990監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟1929年のアメリカ東部の街を舞台に、マフィア同士の抗争の狭間でギリギリの駆け引きを演じる若きギャングの奸計を描いた作品。基本、私はマフィアものってあまり好まないんですが、この作品に限っては、自分でも意 ...

↑このページのトップヘ