カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:90年代

アメリカ 1996監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟アメリカ中北部の田舎町を舞台にした偽装誘拐事件を描いたサスペンス。とはいえ実はファーゴとは架空の街。よって、この作品は実話が元である、という作品冒頭のテロップも実は嘘。コーエン兄弟なりのジョークだっ ...

アメリカ 1994監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟、サム・ライミ会社ぐるみの陰謀によって新社長に抜擢された社内郵便物配達係の思惑外れな大活躍を描いたドタバタコメディ。いやもう、問答無用で楽しいです。爆笑ポイントが連鎖誘爆するがごとく全体に網羅。基本 ...

アメリカ 1990監督 ジョエル・コーエン脚本 コーエン兄弟1929年のアメリカ東部の街を舞台に、マフィア同士の抗争の狭間でギリギリの駆け引きを演じる若きギャングの奸計を描いた作品。基本、私はマフィアものってあまり好まないんですが、この作品に限っては、自分でも意 ...

アメリカ 1991監督、脚本 コーエン兄弟なんともシュールな一作、と言うほかない。1940年代アメリカ、ハリウッドに招かれ、映画のシナリオを書くことになった新進気鋭の劇作家が遭遇する仰天の出来事を描いた作品なんですが、まず私が驚かされたのは、書けないライターの苦 ...

メキシコ 1992監督、脚本 ギレルモ・デル・トロ16世紀の錬金術師が作ったとされるからくり仕掛けの昆虫型機械クロノスによって、はからずも不老不死を得てしまった老人を描いたデル・トロ監督のデビュー作。吸血鬼もの、と言われることが多いですが、そう断じてしまうには ...

ベルギー/フランス/ドイツ 1991監督、脚本 ジャコ・ヴァン・ドルマル身寄りもなく、1人老人ホームで余生を過ごす主人公トマの現在を、子供時代からの回想をまじえて綴った人間ドラマ。実は結構重い内容なのに、どこか軽いタッチでまとめ上げてしまったのがこの作品の評価を ...

スペイン 1996監督 アレハンドロ・アメナーバル脚本 アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒルスナッフ・フィルムを偶然見つけてしまったことから成り行きで事件の犯人を追うことになる二人組を描いたサスペンス。スペインではそれまでの興行成績をぬりかえる動員を記録 ...

アメリカ 1999監督 サム・ライミ原作 マイケル・シャーラあのサム・ライミがこんな映画を撮ってしまうのか、と驚かされた一本。ハリウッドで映画監督を続けるって本当に大変なんだなあ、と同情したりもしたわけですが、およそ畑違いと思われるジャンルにおいてさえこれだ ...

スペイン 1997監督 アレハンドロ・アメナーバル脚本 アレハンドロ・アメナーバル、マテオ・ヒル自動車事故で二目と見られぬ醜い様相となった男の、夢とも現実ともつかぬ奇妙な日々を描いたSFサスペンス。トム・クルーズ主演で公開された「バニラ・スカイ」のオリジナルとし ...

韓国 1998監督、脚本 キム・ギドクこの作品あたりから異才キム・ギドクの作風に徐々に彼らしい色がついてきたような気が私はしてます。海辺の民宿で、泊り客の夜の相手をつとめる娼婦を描いた作品なんですが、これってもう完全に一昔前の日本の行楽地の裏側、そのままだよ ...

アメリカ 1995監督 サム・ライミ脚本 サイモン・ムーア女ガンマンを主役に据えたマカロニウェスタンがやりたかったんでしょうが、主演をはったのがシャロン・ストーンである、という点が作品の出来を微妙にしている気がしてなりません。私の昔の女友達は、シャロンが最高 ...

アメリカ 1998監督 サム・ライミ原作 スコット・B・スミスあのサム・ライミがこういう作品を撮れちゃうんだ、と初見時、実に驚かされましたが、やはりそこは「才能はホラーから産まれる」のもっともたる体現、と見るべきなのか、と1人ニヤニヤとうなずいてみたり。なんだ ...

アメリカ 1990監督、原作 サム・ライミもう昔過ぎてさっぱり覚えてなかったんですが、主人公をリーアム・ニーソンが演じていて仰天しました。今や「ハリウッド最強の父親」としてトップスターである彼も、若い頃はこんな役をやってたんだなあ、と感慨深かったり。60代を前 ...

アメリカ 1993監督 サム・ライミ脚本 サム・ライミ、アイヴァン・ライミ公開された当初は「死霊のはらわたⅢ」なんて副題は邦題、原題ともついておらず、当時、おや新作なのかしら、と思ったんですが、実はちゃっかり続編だった、という意図のよくわからない一作。もはや ...

韓国 1997監督、脚本 キム・ギドク天才キム・ギドクの長編第2作目。フランスロケを敢行した作品で、フランス人俳優も何人か出てるんですが、内容そのものは処女作「鰐」と近い世界観、といっていいと思います。どうしてもフランスじゃなきゃダメだった、というほど異国風情 ...

アメリカ 1997監督、脚本 ダーレン・アロノフスキー円周率(π)の謎を解くことにとりつかれた偏屈な数学者を描いたSFサスペンス。目のつけどころはおもしろかった、と思います。精神論や感覚的な抽象論に逃げず、それなりのうんちくを用意して編み上げられたシナリオは実 ...

香港 1997製作総指揮、監督、脚本 ドニー・イェンドニー・イェン初監督作品。脚本も含めなにもかも自分でやってるみたいなんですが、その意気込みが反映された一作、といっていいでしょうね。マフィアのボスらしき人物が自分の過去を振り返る形で物語は進んでいくんですが ...

アメリカ 1999監督 デヴィッド・フィンチャー原作 チャック・バラニュークなんだか序盤、中盤、終盤で三章に分けたくなるような内容の作品だ、と思いました。それほど物語の色合いをくるくると目まぐるしく変化させてくる。最後まで飽きさせず観客をひきつける技に長けて ...

アメリカ 1997監督 デヴィッド・フィンチャー脚本 ジョン・ブランカトー、マイケル・フェリスさて、これはどうなんだろうなあ、と。ただただオチのために、持てる手法を駆使して恐るべき緊張感を持続させたフィンチャーは凄かった、と思うんですが、いや、それはダメだろ ...

フランス/スペイン 1999監督 ロマン・ポランスキー原作 アルトゥーロ・ペレス=レベルテナインスゲートと呼ばれる悪魔について書かれた本の真贋を依頼された主人公が、次々と謎の事件に巻き込まれていく様を描いたサスペンスタッチなホラー。こういう題材は好きですし、前 ...

↑このページのトップヘ