カテゴリ:▶ 映画 > ├映画:80年代

スペイン 1989監督、脚本 ペドロ・アルモドバル衣食住を得るために、確信犯的に精神病院へ入退院を繰り返す男の恋路を描いた屈折系ラブロマンス。この作品が一風変わってるのは、主人公リッキーの女性に対するアプローチの仕方が完全に犯罪なことでしょうね。リッキー、こ ...

アメリカ 1987監督、脚本 ジョン・ヒューズ感謝祭の夜、出張先から家族のもとに帰ろうとするサラリーマンを待ち受ける、不運の連続を描いたコメディ。邦題のP.T.A.は原題であるPLANES, TRAINS & AUTOMOBILESの頭文字をとったもの。なんだかいまいち意図の汲み取りにくいひ ...

イギリス 1984監督 マイケル・ラドフォード原作 ジョージ・オーウェル1949年に発表された、ディストピアSFの嚆矢とも言われるオーウェルの小説を映画化した作品。1956年に一度映画化されてるんですが、そちらは未見。どっちかというと1956年度版のほうが評価は高いみたい ...

カナダ 1988監督 ティボー・タカクス脚本 マイケル・ナンキン庭に偶然空いた穴から悪魔らしき怪物がわさわさ這い出てきててんやわんや(死語)って映画。さて、なぜ庭の穴から怪物が這い出てきたのか?それはひとえに悪魔を召喚すると言われる石を主人公少年が割ってしま ...

アメリカ 1980監督 ハワード・ジーフ脚本 ナンシー・マイヤーズ、チャールズ・シャイヤ、ハーヴェイ・ミラー二度の結婚生活に失敗したお金持ちのお嬢様が捨て鉢になってアメリカ陸軍に入隊、養成所でデタラメをやらかす様を面白おかしく描いたコメディ。アメリカではおな ...

アメリカ 1986監督 ジョン・ランディス脚本 スティーブ・マーティン、ローン・マイケルズ、ランディ・ニューマンスティーブ・マーティンが製作総指揮も努めた西部劇コメディ。ハリウッドをクビになった3人組の喜劇役者が、ショーへの出演依頼と勘違いしてメキシコのある村 ...

アメリカ 1984監督、脚本 ジョン・セイルズ低予算のインディーズ作品ながら、並み居る大作SFを押しのけいまだ多くの人の支持を集める一作。監督はロジャー・コーマン門下で映画を学び、主にコーマン監督作で脚本を執筆した人物。「コーマンの弟子なんだったらあれでしょ? ...

アメリカ 1982監督 リドリー・スコット原作 フィリップ・K・ディックかの有名なディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」を映画化した作品なわけですが、やっぱり原作を通過した人間からすると、なんか物足りない、ってのはどうしてもあるでしょうね。あくまで ...

オーストラリア 1988監督、脚本 アレックス・プロヤスプロヤス監督がオーストラリア時代に手掛けたデビュー長編。砂漠化した世界で、人力飛行機を飛ばそうとする車椅子の男と、その妹、逃亡者の男の3人の奇妙な関わり合いを描いた作品。ストーリーは至極シンプルです。逃亡 ...

スペイン 1984監督、脚本 ペドロ・アルモドバル大して稼ぎもないくせに、専制君主よろしく妻を縛る夫と崩壊寸前のその家族を描いた、アルモドバル初期の作品。私の書いた紹介文だけを読んでいると、重い作品っぽい印象を受けるかもしれませんが、実際はそれほど鬱屈したト ...

スペイン 1987監督、脚本 ペドロ・アルモドバル男からの突然の別れ話に慌てふためく女の2日間の狂騒を描いた、ちょいと毒あるコメディ。まずなんと言ってもシチュエーションづくりがうまいな、これは、と思いましたね。オープニング、男が女に別れを告げたのは電話の留守録 ...

アメリカ 1987監督 キャスリーン・ビグロー脚本 キャスリーン・ビグロー、エリック・レッドビグロー監督のデビュー作にあたる現代吸血鬼譚。まあ、バッサリ切り捨ててしまうならB級アクションホラーの一言で終わってしまう作品でしょうね。吸血鬼が現代社会に紛れ込んでて ...

アメリカ 1985監督 スチュアート・ゴードン原作 H・P・ラグクラフト死体を蘇生させる薬を発明した天才学生の蛮行と、その後のてんやわんや(死語)を描いたホラー。当時、ホラーファンの間で結構話題になった作品です。私は後追いで見たんですけど、なるほど人気なのも納 ...

スペイン 1983監督、脚本 ペドロ・アルモドバルつぶれかけた修道院をなんとか立て直そうとあがく5人の尼僧の、ぶっ飛んだ共同生活を描くコメディタッチの作品。とりあえず国民の94%がカトリック教徒であるスペインで、よくぞここまで尼僧を茶化したものだな、と思います。 ...

ソビエト連邦 1986監督 ゲオルギー・ダネリア脚本 ゲオルギー・ダネリア、レヴァス・ガブリアゼ偶然、空間転移装置に触れてしまったことにより、キン・ザ・ザ星雲惑星ブリュクに飛ばされてしまったソビエト人2人の、地球への帰還を目指す旅を描いたSFコメディ。とりあえず ...

アメリカ 1986監督 トビー・フーパー脚本 L・M・キット・カーソンいやーひどい。もー頭痛がしてくるほどひどい。ここまで不出来なB級ホラーを見たのはほんと久しぶりで、なんか鼻の奥がつーん、と激臭でしびれてくるような錯覚さえ覚えましたよ、私は。スラッシャームービ ...

イギリス/アメリカ 1985監督 トビー・フーパー原作 コリン・ウィルソンもう珍作としか言いようのない二線級のオカルトSF。けれど当時はその手のファンの間で結構話題になり、今も語り継がれてたりするんだからあなどれないというか、いい時代だったなあ、と目を細めてしま ...

アメリカ 1985監督 ウォルフガング・ペーターゼン原作 バリー・ロングイヤー遠い未来の宇宙時代を舞台に、異星人と人類の心の交流を描いた異色のSF大作。舞台設定そのものはありがちなスペースオペラだ、といわれればその通りなんですが、この作品が独特だったのは、人類 ...

西ドイツ/イギリス 1984監督 ウォルフガング・ペーターゼン原作 ミヒャエル・エンデ発表されるや否やエンデの原作ファンから批難轟々、エンデ本人は訴訟したといういわくつきの映画ですが、なぜか興行収入は上々だった、というんだから、結局はワーナーの慧眼が優れていた ...

ドイツ 1981監督 ウォルフガング・ペーターゼン原作 ロータル・ギュンター=ブーハイムペータゼン監督の評価をゆるぎないものとし、彼のハリウッド進出への足がかりとなった作品ですが、なるほど看板に偽りなし、と思った次第。なんといっても見事だったのは閉鎖的空間で ...

↑このページのトップヘ