カテゴリ:▶ 漫画 > 作家別でないフェバリット

2010年初出 五十嵐浩一双葉社アクションコミックス 上、下巻西暦2057年、木星の衛星を拠点に、外宇宙より突如来襲した謎の侵略者と戦う地球人兵士達の、熾烈な戦闘の日々を描いたスペースオペラ。いや、びっくりしました。五十嵐浩一といえば私、ペリカンロードぐらいしか ...

(全6巻) 1983年初出 大野安之一体このマンガを文章でどう表現したらいいのか、本当に悩みます。初期はモラトリアムな女子大生二人組のナンセンスなSFコメディだったんですね。語弊があるかもしれませんが、対象の年齢層をもう少し上に設定したDrスランプといった趣。も ...

1992年初出 巴啓祐リアルタイムで読んでいないので当時の反響とか、評判とかまるで知らないのですが、こりゃマンガでは珍しくド級の怪獣SFだ、と、とても驚かされた1冊。 絵柄は露骨に大友克洋の影響下にあるように思いますが、いわゆる怪獣映画がほとんど死に体だった90 ...

↑このページのトップヘ