カテゴリ:▶ 映画 > ジャン・ピエール=ジュネ

フランス/カナダ 2013監督 ジャン=ピエール・ジュネ原作 ライフ・ラーセンカウボーイであることを人生の指針とする頑固一徹なオヤジと昆虫学者の母親の間に生まれた天才少年の、壮大な家出を描いた一風変わった作品。家出の目的地はスミソニアン学術協会。子供であること ...

フランス 2009監督 ジャン=ピエール・ジュネ脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローラン重なったアクシデントのせいで家も仕事も失ってしまった主人公の大胆な復讐を描いたコメディ。さて、ロングエンゲージメントの成功が影響しているのかどうかはわかりません ...

フランス 2004監督 ジャン=ピエール・ジュネ原作 セバスチャン・ジャプリゾアメリのオドレイ・トトゥが主演ですんで、多くの人はアメリのようなコケティッシュでかわいらしいラブロマンス風のコメディを再び期待したのでは、と思うんですが、おや、これは・・・と、佇ま ...

フランス 2001監督 ジャン=ピエール・ジュネ脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、ギョーム・ローランなんてかわいい映画を撮っちゃったんだろう、この人は、と初めて見たときはぶったまげましたね。だってエイリアン4にロストチルドレンの監督ですし。またなんかきわどいブ ...

アメリカ 1997監督 ジャン=ピエール・ジュネ脚本 ジョス・ウェドンええっ?あのジュネがエイリアン?と当時は仰天したものですが、いや、よくがんばったよ、と、今あらためて見てもですね、つくづく思いますね。やっぱりエイリアンの世界観ってジュネの流儀じゃないよう ...

フランス 1995監督 ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ、ジル・アドリアン前作、デリカテッセンで描ききれなかったアパートの外の世界をそのまま映像化したような感じですが、本作の舞台がデリカテッセンと同様に、核 ...

フランス 1991監督 ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ脚本 ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ、ジル・アドリアン核戦争後の未来のフランスを舞台にしたSFなんですが、これ、言われなければわかりません。私、長い間この作品は架空の世界を描写したファン ...

↑このページのトップヘ