カテゴリ:▶ 漫画 > 山上たつひこ

1982年初版 山上たつひこ秋田書店少年チャンピオンコミックス初期の頃から活躍するキャラ、半田溶助を今回は街の電気屋の社長にすえて滅茶苦茶やらかしたギャグ。半田溶助の、あいかわらず粘着質でお下劣なふるまいに嫌悪感を抱く人もいそうな気もしますが、少年誌掲載、と ...

1979年初版 山上たつひこ秋田書店少年チャンピオンコミックスボクシングジムを舞台にアホな会長と、その練習生のドタバタを描いたギャグ。全11話が収録。絵柄も安定し、笑いも一番冴えてる頃の作品なんで普通におもしろいですが、あまり人気は出なかったよう。手車叫春と色 ...

1976年初版 山上たつひこ秋田書店少年チャンピオンコミックス 全3巻がきデカと平行して月刊チャンピオンに連載された作品。設定に違いはあれど、やってることはほぼこまわり君と同じです。こちらは茶坊主が主人公で、物語の舞台がお寺、というだけ。がきデカとの微妙な違い ...

1989年初版 山上たつひこ秋田書店プレイコミック初版は平成元年ですが、内容と絵柄から察するにおそらく初出は70年代半ばぐらいでは、と思われます。おなじみ下品極まりないエログロギャグ。滅茶苦茶やってます。狂ってます。初期の著者のギャグって、もうほんと男性の生理 ...

1979年初版 山上たつひこ双葉社アクションコミックス<収録短編>恥ずかし探検隊(1話~4話)沈没村から粉砕学園謎のシークレットサービスえら兄いちゃん天気晴朗なれど日は高し幕末お笑い三人組いやだなあ沖田君のちにペップ出版から発売になった「仇討ちミコちゃん」とい ...

1974年初出 山上たつひこ秋田書店少年チャンピオンコミックス 全26巻現代ギャグ漫画の基礎骨格を作った分水嶺たる作品。あらゆるギャグ漫画家が、我も我もと、がきデカを模倣しまくったように思います。吉田戦車の登場ぐらいまでそれは続いたのでは。すでにあちこちで言及 ...

1974~86年初出 山上たつひこペップ出版<収録短編>地球防衛軍密林大帝男の斗魂粉砕学園謎のシークレットサービスメロンな二人(1話~10話)喜劇新思想大系路線の薄汚いお下劣ギャグ路線の短編が5編と、スコラに連載された「メロンな二人」を10話収録。どの作品も後年発売 ...

1974~1988初出 山上たつひこペップ出版<収録短編>仇討ちミコちゃん青空侍幕末お笑い三人組いやだなあ沖田君天気晴朗なれども日は高し探り山亀右衛門出世勝負さるとび佐助おおむねギャグ路線。初期を彷彿させるようなシリアスな短編はなし。これは異色作だな、と思えるの ...

1971~74年初出 山上たつひこペップ出版<収録短編>アフリカの爆弾穴マイホーム・マイホーム恐怖飯店心表題作「アフリカの爆弾」と「穴」は筒井康隆の短編の漫画化。特に改変があるわけでも、脚色されているわけでもなく、原作に忠実。他三篇は毒の強いブラックコメディであ ...

1972年初出 山上たつひこフリースタイル 上、下巻貸本漫画を皮切りにシリアスなSF/ホラー系の作品を多く発表していた著者が初めて挑んだギャグマンガ。いやもう凄いです。誌面から臭気が匂い立ってくるよう。貧乏でもてなくて時間だけはたっぷりある主人公坂向春助の、下半 ...

1971年初出 山上たつひこ小学館クリエィティブなんとも不思議な作品。SFというべきか、ファンタジーというべきか、山上版「不思議の国のアリス」というのが一番近いかもしれない。物語序盤は期待させるものがあったんです。いきなり魚の化け物みたいなクトゥルー系の怪物に ...

1970年初出 山上たつひこ小学館クリエィティブはたしてこれが本当にあの「がきデカ」の著者の作品なのか?と疑いたくなるぐらいシリアスで、一切の笑いなし。 再び軍国主義への道を歩みだした日本の「ありうるかもしれない」もうひとつの未来を描いた作品。 SFというより ...

1979年初版 山上たつひこ朝日ソノラマサンコミックス 全3巻1 あるぷす犬坊  <収録短編>  岩風呂くん  ゴムゴム  ラビットくん2 マシンママ  <収録短編>  マシンママ  人形の館  手紙  家紋  光彩のある殺意  餓島  故郷は緑なりき  西 ...

1969~72年初出 山上たつひこ秋田書店サンデーコミックス<収録短編> 鬼面帝国ウラシマミステリ千夜一夜そこに奴がSF系の作品を集めた短編集。 表題作は地獄をモチーフに描かれたオカルトファンタジーなんですが、では結局死とはなんなのか?という部分での考察が甘く、 ...

1965~初出 山上たつひこ小学館クリエィティブ<収録短編>漂流還元遭難者一軒家浪人群獲物砂の女SOS男の話合作メジャー誌にデビューする以前に描かれた短編を集めた作品集。主に貸本時代を中心に、 SF、ホラー系のものを収録。ギャグ漫画家としての山上たつひこしか知らな ...

↑このページのトップヘ