カテゴリ: ▶ 漫画

2006年初出 ひらりん徳間書店リュウコミックススペシャルとある事情で子供の姿のままな姉ヨヨと、その妹ネネの魔法使い姉妹が巻き起こす騒動をコメディタッチで描いたファンタジー。まあとにかくかわいらしい漫画ですね。別段これと言ってなにか目新しいものがあるとか、独 ...

2012年初出 宮下裕樹小学館サンデーGXコミックス 全10巻かつてコザキユースケが発表した同タイトルの作品(未単行本化)を宮下裕樹がリメイクした、と考えていいと思います。オリジナルは読んだことないのでどの程度改変されてるのかはわからないんですが、なんだか急に少 ...

2011年初出 宮下裕樹少年画報社ヤングキングコミックス 1~3巻(全10巻)食物連鎖が横並びになった世界を舞台に、リュウマと言う名の救世主を描くアクション・ファンタジー。この作品が独特なのは主人公であるリュウマが「継がれていく名前だけの存在である」という設定で ...

2011年初版 道満晴明ワニマガジン社 全2巻アダルト漫画誌に連載された4コマ艶笑コメディ。すでにそのギャグセンスや台詞回し、キャラ作りに光るものはありますが、一般誌進出前の作品ということもあってかいささか散漫に感じられる部分もあり。作者お得意の群像劇で、これ ...

1970~72年初出 辰巳ヨシヒロ青林工藝舎<収録短編>地獄はいってます男一発さそり飼育東京うばすて山いとしのモンキーグッドバイ貸本漫画時代から活躍し、漫画を初めて「劇画」と提唱したことで有名な作者の代表作を集めた短編集。2010年にシンガポールのエリック・クー監 ...

2015年初出 石川優吾小学館ビッグコミックス 1巻(全6巻)ある日目覚めたら、体が昆虫サイズにまで縮んでいた女子高生のサバイバルを描いたSF。タイトルのワンダーランドから察するに、下敷きとなっているのは「不思議の国のアリス」っぽいですが、1巻の段階ではそれっぽい ...

2004年初出 宮下裕樹小学館サンデーGXコミックス 全12巻対犯罪用汎用兵器部隊、通称ギンセイのプロトタイプとして作られた自立型ロボット警官、モンジュの活躍を描いたSFコメディ。ああ、これは細野不二彦の系譜だ、と思いましたね。「現実世界に異物を放り込んでドタバタ ...

2002年初出 小田扉太田出版FXコミックス主にMANGA EROTICS Fに掲載された短編を「女ロワイヤル」「男ロワイヤル」にカテゴリ分けして収録した作品集。団地ともお以前に描かれたものがほとんどですんで、初期の作品群、と言っていいのかもしれませんが、これが思いのほか悪く ...

2009年初版 駕籠真太郎コアマガジンあのエログロ猟奇漫画家の駕籠真太郎がミステリを描いた、と聞いて読んでみた一冊。こういっちゃあなんですが、まともな漫画を描くのはハンニャハラミタ以来じゃないのか?などと興味深くページをめくってみたんですが、いや、驚いた。普 ...

2015年初出 押切蓮介幻冬舎バーズコミックス齢80を超えたばあさんがクトゥルフ神話ばりの怪物相手に壮絶な戦いを挑むアクション・ホラー。まあしかし押切蓮介はこういうの好きですよね。着眼点は悪くないと思うんです。すでにサユリでやらかしたパターンと似通った手口だっ ...

2017年初出 小川幸辰エンターブレインHARTAコミックス 全2巻山間部の集落に伝わる民間伝承を題材に、人でありながら人類とは異なる種の存在を描いた伝奇SF。至極簡略化して言ってしまうなら「各地に伝わる河童伝説はマジだった!」みたいなお話なんですが、そこは小川幸辰 ...

1968年初出 石ノ森章太郎双葉文庫70年代に放映されたテレビドラマ「好き!すき!魔女先生」の原作として名の知られた一作。ただ、テレビドラマは学園ファンタジー風に大きく内容を改変しているようです。共通しているのは新たに赴任してきた女教師が超能力の持ち主だった、 ...

1994年初出 小川幸辰講談社アフタヌーンKC 全3巻隠れたバイオロジカルホラーの傑作と呼ばれ、後にエンターブレインから新装版も出た一作。ぶっちゃけ絵はあんまりうまくないです。正直言うと、あんまり好きになれない絵柄。ただ、それをも差し置いて、物語の切り口、筋立て ...

2015年初出 米代恭小学館ビッグコミックスピリッツ 1巻(以下続刊)地球外生命体の侵略を受ける地球を舞台に、異星生物と戦う防衛軍の兵士たる「先輩」と主人公カノンとの許されざる恋路を描いたSFラブロマンス。この作品が独特なのは先輩が妻帯者であるにも関わらず、カノ ...

2008年初出 遠藤浩輝講談社イブニングKC 全19巻連載開始当時はなんとも意外な方向へシフトしたな、って感じでしたね。まさかEDENの次の作品が格闘ものだなんて、予測すらしてませんでしたし。遠藤浩輝は多分、ずっとSFを描いていくんだろうな、なんて漠然と思ってた。作者 ...

1997年初出 新井英樹小学館ヤングサンデーコミックス 全14巻一部で熱狂的人気を誇る作品。殺人に対する禁忌が存在しない主人公モンの気ままな殺戮道中と、謎の巨大生物ヒグマドンに町を蹂躙される悪夢を描いたディザスターもの的狂乱劇を掛け合わせたような内容なんですが ...

1997年初出 遠藤浩輝講談社アフタヌーンKC 全18巻致死性の高いウイルスの大流行にさらされ、帝国主義的な社会に変貌を遂げた近未来を描くSF大作。黄金期のアフタヌーンを支えた一作と言ってもいいでしょうね。当時、第一話を読んで「こりゃちょっとすごい新人が出てきた」 ...

1979年初出 石川賢双葉社アクションコミックス週刊漫画ゴラクに連載されていた連作長編を双葉社が00年に再単行本化したもの。落語でおなじみの熊さん八っつあんがドタバタ劇を繰り広げる艶笑コメディなんですが、そこは石川賢ですんで舞台は宇宙。なんせなめくじ長屋が単独 ...

1978年初出 石川賢双葉社アクションコミックス76年~79年の4年間で廃刊した漫画ジョーという青年漫画誌に掲載された、同主人公の短編を集めたもの。かつてはオハヨー出版という謎の出版社から同タイトルで単行本化されてましたが、何をとち狂ったのか00年に双葉社が「時元忍 ...

2007年初出 押切蓮介講談社シリウスKC 1~8巻(全13巻)学園ものホラーコメディであり、幽霊退治もの。なんといってもこの作品が独特だったのは、霊を「物理的」に攻撃することの出来る格闘系女子のリーダーが居る、という設定でしょうね。これって、ほんとありそうでなか ...

↑このページのトップヘ