カテゴリ: ▶ 物見遊山

久しぶりにお出かけしてまいりました。えー今年の1月から丸3ヶ月空いたわけですが、なんでこんなに期間が空いたのか、というと寒かったからだっ!だってあなた、西日本は32年ぶりの極寒って連日報道されてるのに出かける気になりますか?出かけませんよね?いや、マジで。普 ...

伊勢神宮から英虞湾の方へ行きたかったんですが、道を間違えて伊勢志摩スカイラインに乗ってしまう。よりにもよって有料道路だったんで降りるに降りられず、そのまま終点まで進む。写真は朝熊山山頂展望台からの1枚です。まあ、眺めは素晴らしかったんでいいんですけどね、だ ...

去年の12月の最初頃なんですが、我が国最大級の聖地であり、全国の神社を統べる総本丸、伊勢神宮へと参ってまいりました。普段から寺社仏閣うろうろしてる身としては一度ぐらいは行っておかないとね。伊勢神宮と言えば内宮と外宮の二箇所があるわけですが、参拝手順に従って ...

ちゅーことでやってきましたエキスポシティ。万博公園の南側に位置する商業施設です。2階から覗き込んでる虎はなんなんだ。私が行ってみたかったのはここ「NIFREL」。2015年に開館した水族館で「生きているミュージアム」を標榜する施設。なにがどう従来型と違うのか、ちょっ ...

11月の初め頃なんですが、大阪府吹田市にある万博記念公園へ行ってきました。これまで周辺の道路は何度も車で往来してたんですけどね、実際に中に入ったのは今回が初めて。なんとなくね「輝かしい未来が僕達には待ち受けてるんだ」とみんなが信じてた頃の残滓に触れてみたか ...

えー前回、クリーンエネルギーの象徴である風力発電を見に行ってきたんで、今回はその真逆、稼働してるだけで色々しゃれにならんものを排出する原子力発電所をちょいと見物に行ってきました。覚えてる人がいるかどうかはわからんのですけど「次回予告」の意味はそういうこと ...

10月の初めぐらいぐらいなんですが三重県の伊賀市へ行ってきました。いわゆる伊賀忍者の里で有名なところですね。道中の写真。すでに伊賀市に入っており、電車の駅も近かったりするんですけどね、いやあ、見事に何もない。えーと、忍者はドコデスカ。伊賀鉄道の駅が目的地に ...

ええっ、あの険しい山道をこんなお嬢ちゃんが登ってきたの?信じられん・・・。えっ?ヘリで空輸?(疲れから来る妄想)思ってた以上に立派。ちゃんと神主さんが居るのにも驚いた。毎日登ってくるわけ?あの山道を?それともここに住んでるの?手水舎すらない山頂に?やっぱ ...

さて前回、京都では有名な心霊スポット「清滝トンネル」に立ち寄ったわけですが・・・。このトンネルをくぐった先に嵯峨清滝町という小さな集落が実はありまして。戦前は納涼避暑地として栄えた場所だったとか。もはや廃線してますが北側の愛宕山には頂上までのケーブルカー ...

8月の下旬頃なんですが、京都市と亀岡市の中間にある秘境駅「保津峡」へ行ってきました。地図を見てもらえばわかると思うんですが、この保津峡駅、周辺に民家や施設が全くない山の中にぽつんと存在してます。4キロ先には集落があるみたいなんですが、4キロも離れててこの駅を ...

9月の半ばごろなんですが、三重県松阪市にある陶芸空間「虹の泉」に行ってきました。これがもう、すごいところにありまして。近隣に民家がぽつぽつとしか存在しない山の中。和歌山街道を延々伊勢市方面へと進み、高見山を貫く山頂付近のトンネル、曲がりくねった高架橋をやり ...

魚っ知館からひたすら海岸線沿いを進んでいくと、このあたりでは最も有名であろう観光地に到着します。みなさんご存知、日本三景「天橋立」。さっきまで道すがらさっぱり人を見かけなかったのに、一転してすごい人出です。まあ、せっかくだし、ちょっとのぞいていこうかと。w ...

9月の初めごろなんですが、発作的に海が見たくなって奥丹後半島へと出かけました。最終目的地は半島の突端、経ケ岬。荒ぶる日本海の風にふと身を晒したくなるときってないですか?えっ?ない?あらそう、いや、そりゃすまん。まあ、最近ぶっそうだからね、海に出かけて某国の ...

さて「岐阜公園がいまいち盛り上がらなかった時のための対応策」として考えていた、もう一つの候補地が実は飛騨大鍾乳洞だったりします。今回の記事のヴォリューム的にも、こりゃやっぱり行くしかないなと。わざわざ岐阜まで来て楽しかったのはリス村だけ、というのも個人的 ...

人間がダメになりかねんのでリス村はほどほどにして先へ進む。城があるみたいです。おお、なかなかにご立派。中に入れるみたいなので入ってみる。木造じゃないのね。そりゃそうか。色々展示してあるがあんまり興味がないので天守閣へ。3Fが最上階。戦国武将がなぜ城を建てた ...

養老天命反転地に味をしめ、岐阜は意外と穴場なんじゃねえか?とお盆に再び来訪した時のお出かけ日記でございます。今回最初の目的地はここ。地元では有名な観光地のようですが、もちろん私は初めて。マジックインキで殴り書きされた「ロープウエー」が早くもパンチ効いてる ...

「極限で似るものの家」を出て「精緻の棟」へと進む。死を賭して向かわねばならんほど「精緻の棟」は危険なのか、と。知らんがな。わしが教えて欲しいわ。あの・・道なりに進んだら出発点に近い場所に戻ってきちゃったんだけどね・・。ルートを無視して好き勝手に登った。え ...

・・・・・・・・・・・・。えーと、子供向けの迷路的な。なんとなくバブリーな匂いを嗅ぎ取ってしまうのは世代のせいか。でも90年代初頭に、こんな感じの驚かせてナンボなクラブへ行ったことがあるような気がする。一応、綿密なプランのもと作られてるようです。小細工して ...

8月の初め頃なんですが、岐阜県養老郡にある養老天命反転地に行ってきました。なんやねん、それ?!というあなた、それは私も全く同じだ、うん、安心していい。字面だけ追うなら完全に宗教施設じゃねーかと。しかもかなり怪しい部類の。ところがこれ、どうやら体感できるアー ...

うむ、たしかに鐘はぶらさがっておりますな。これを鳴らす勇気はないけどな。余談ですが私がこの階段を登ろうと歩を進めると、展望台におられた若々しいカップルが憮然とした表情で私の脇をすり抜け、階下へと降りて行かれました。ごめん、ってば!展望台のピーク。絶景なん ...

↑このページのトップヘ