カテゴリ: ▶ 物見遊山

魚っ知館からひたすら海岸線沿いを進んでいくと、このあたりでは最も有名であろう観光地に到着します。みなさんご存知、日本三景「天橋立」。さっきまで道すがらさっぱり人を見かけなかったのに、一転してすごい人出です。まあ、せっかくだし、ちょっとのぞいていこうかと。w ...

9月の初めごろなんですが、発作的に海が見たくなって奥丹後半島へと出かけました。最終目的地は半島の突端、経ケ岬。荒ぶる日本海の風にふと身を晒したくなるときってないですか?えっ?ない?あらそう、いや、そりゃすまん。まあ、最近ぶっそうだからね、海に出かけて某国の ...

さて「岐阜公園がいまいち盛り上がらなかった時のための対応策」として考えていた、もう一つの候補地が実は飛騨大鍾乳洞だったりします。今回の記事のヴォリューム的にも、こりゃやっぱり行くしかないなと。わざわざ岐阜まで来て楽しかったのはリス村だけ、というのも個人的 ...

人間がダメになりかねんのでリス村はほどほどにして先へ進む。城があるみたいです。おお、なかなかにご立派。中に入れるみたいなので入ってみる。木造じゃないのね。そりゃそうか。色々展示してあるがあんまり興味がないので天守閣へ。3Fが最上階。戦国武将がなぜ城を建てた ...

養老天命反転地に味をしめ、岐阜は意外と穴場なんじゃねえか?とお盆に再び来訪した時のお出かけ日記でございます。今回最初の目的地はここ。地元では有名な観光地のようですが、もちろん私は初めて。マジックインキで殴り書きされた「ロープウエー」が早くもパンチ効いてる ...

「極限で似るものの家」を出て「精緻の棟」へと進む。死を賭して向かわねばならんほど「精緻の棟」は危険なのか、と。知らんがな。わしが教えて欲しいわ。あの・・道なりに進んだら出発点に近い場所に戻ってきちゃったんだけどね・・。ルートを無視して好き勝手に登った。え ...

・・・・・・・・・・・・。えーと、子供向けの迷路的な。なんとなくバブリーな匂いを嗅ぎ取ってしまうのは世代のせいか。でも90年代初頭に、こんな感じの驚かせてナンボなクラブへ行ったことがあるような気がする。一応、綿密なプランのもと作られてるようです。小細工して ...

8月の初め頃なんですが、岐阜県養老郡にある養老天命反転地に行ってきました。なんやねん、それ?!というあなた、それは私も全く同じだ、うん、安心していい。字面だけ追うなら完全に宗教施設じゃねーかと。しかもかなり怪しい部類の。ところがこれ、どうやら体感できるアー ...

うむ、たしかに鐘はぶらさがっておりますな。これを鳴らす勇気はないけどな。余談ですが私がこの階段を登ろうと歩を進めると、展望台におられた若々しいカップルが憮然とした表情で私の脇をすり抜け、階下へと降りて行かれました。ごめん、ってば!展望台のピーク。絶景なん ...

予定では遊園地を冷やかした後、生駒市を散策するつもりだったんですが、1で書いたようにはからずもスカイライン終点までの料金を支払ってしまったんで、信貴山門ゲートを目指してそのまま南下することにする。途中にぽつん、とあった電話ボックス。スカイラインは歩行者通行 ...

歩き続けること数十分。額には玉の汗。傾斜が穏やかになってきたなあ、と思ったら突然目に飛び込んで来たのがこれ。・・・まだ安心はできない。安心はできないが、看板を見る限りではこの先に遊園地が。勝ったよ、ドラえもん・・。僕ひとりで、生駒山上遊園地の有料駐車場誘 ...

7月の中旬ぐらいなんですが、奈良県生駒市にある生駒山上遊園地に行ってきました。えー総数が把握できないほどの宗教団体施設が山のあちこちに建てられてることでも有名な生駒山ですが、今回はふもとから山頂目指して徒歩でアタックする気にはなれなかったんで、その手の怪し ...

この酷暑の最中、仕事のない日は一歩も外に出たくねえ、と自宅でクーラー三昧だったんですが、それも2日目となるとだんだん電気代が怖くなってきたので、山に行くことにしました。山なら下界より気温が低いだろうと。今回出かけたのは枚方市にある国見山。市が制定した枚方八 ...

はい、岩の間をすり抜けるように進むのが正解でした。ちょっと荒れてきたぞ、道が。しかし全然人に会わんな。シーズンオフとはいえ閑散としすぎな気も。人が居ないんで遊んでみました。おお、山よ、大自然よ。ついでに心霊スポットよ。結局、誰とも会わず、およそ30~40分程 ...

梅雨入り前ぐらいなんですが、笠置山自然公園へ行ってきました。てっきりここ奈良県だと思ってたらギリギリまだ京都府だった。笠置山と言えば、後醍醐天皇が鎌倉幕府の倒幕計画を知って挙兵した山であり、遡るなら弥生時代から信仰の対象として崇められ、修験者の行場として ...

途中経過はかなり端折ってます。もう写真撮ってる余力がなくて。頂上からひたすら下っていくと、急に開けた感じに。着きました、火床。一体何がどのようになれば、この下駄の歯の群れみたいな巨石群が「大」の文字になるのかさっぱりわからん。さて、帰りをどうするか、だよ ...

6月の初めぐらいに大文字山に登ってきました。五山の送り火で有名な京都市東山区に位置する山です。燃えるとこんな感じ。毎年お盆ぐらいに市内6箇所の山が順次点火されていきますよね。私が登ったのは地図右端の「大」。銀閣寺周辺に登山口があるらしいんですが、自宅との位 ...

海金剛へ向かう途中の通路が天井まで木々に覆われていてなんかメルヘンである。木漏れ日が宮崎アニメタッチ。なのに金剛。トンネルを抜けると金剛。やんっ、素敵っ(テンションおかしいぞ俺)まあその、金剛だ。どっちかといえば、言ったもの勝ち、みたいな感じがしたとして ...

ゴールデンウィークに和歌山県の紀伊大島に行ってきました。特に目的となる場所があったわけじゃないんですけど、なんとなく地図を見てて、ひょこっと出っ張ってる紀伊大島の存在が気になったものですから。私がお出かけする時って、いつもそんな程度の思いつきで即実行なん ...

つい先日、京都府南丹市にある、るり渓自然公園に行ってきました。どうも最近、人里離れた山奥でのんびりしたい、という欲求が強くて。ウェブによると、この公園、園部川が高原の斜面を侵食してできた長さ4キロメートルの渓谷に歩道を敷設したもの、とのこと。昭和7年、名勝 ...

↑このページのトップヘ