カテゴリ: ▶ 物見遊山

坂道を20分ほどかけて登りきると鳥居が。ここからは下り。よく晴れた日だったのに、なんだか靄のようなものが。はて?ここが終点のようです。霊山寺奥之院。誰もいません。さすがにここまで来るとちょっと空気が違う。なんかの磁場が出来上がってる、ってな印象を受けました ...

4月頃の話なんですが、奈良県奈良市にある霊山寺に行ってきました。 目的の場所は霊山寺薬師湯殿。ご存知の方は多いと思いますが実はここ、境内に風呂があるんですよね。寺直轄経営の銭湯とはいかなる感じなのか、興味をそそられて突発的におでかけ。カフェなんかもあったり ...

夫婦岩をくぐりぬけた先に本殿。ふもとの街並みが一望できます。 下りは裏参道を行くことにする。 なんだかよくわからんが岩が祭ってある。つらつらと下山。 なぜか福禄寿の石像が。なにゆえ七福神? 途中に小さな池。念のために書いておくが写真に写ってる人物は私では ...

すっかり前の話なんですが、今年の正月休みに滋賀県東近江市にある太郎坊宮という神社に行ったんですね、実は。特になにか目的があった、と言うわけではないんですが、山の中腹にある拝殿の写真をたまたまネットで見てなんか心惹かれた、とでもいいますか。あまり余所にはな ...

実は大台ケ原、樹木の下生えを覆っているのはその大半が笹。あまり見た記憶のない植相だなあ、と。 元々はこんな感じに苔むしていたらしいです。 それがなぜ笹に、とって変わられちゃったのか。植物に詳しくないんで専門的なことはわからないんですが、なにかの過渡期にあ ...

 途中にあったなにかのオブジェのような立木。なんだか祭祀場跡のようです。ようやく道が平坦になり、大蛇嵓への分岐に到達。はっきり言ってこの時点でほぼエネルギー残量ゼロ。なんかずーっと耳の奥でぴー、と音が鳴ってる。よくわからないがこれは危険警告音だっ、と確信 ...

奈良県の吉野熊野国立公園、大台ケ原へ行ってまいりました。実はこの大台ケ原、冬季は閉鎖されていることを知らず、今春無駄足を踏んだ経験が。 結構な時間を費やしてここまでやってきたのに、と呆然。この悪夢のせいで、一度は完全にへそを曲げた私。もう、行ってやらない ...

唯一、これは芸術性があるかも、と思えた貝殻でできた花束。 なにやらきらびやかな橋があり・・・。橋から乙姫さまが望めます。なにやらアニメが始まる。すいません、全然内容覚えてないです。アニメにも動じぬ姫君。 愛、と言われてもですね・・・。 すぐそばに市内の指 ...

竹島に行くのに車を停めたドライブイン。さびれっぷりがなかなかのグレードで心揺さぶられるぜ。端っこの方でなにか売ってる店もある。 今回のもうひとつの目的地、竹島水族館。やー、水族館なんて来るの何年ぶりかねー、テンション上がるわ。 し、閉まっとるがな!愕然・ ...

10分ほどは歩いたか。だんだんと道なき道を行く感じに・・・。 そしてまた石灯籠。島をぐるりと囲んでいる様子。 もはやこれは道とは呼ばないわけです。女の人はヒールとか履いてこないほうがいいと思います。 島の周囲を一周するのにおよそ20分ぐらいか。元の場所に戻っ ...

えー愛知県蒲郡市の竹島に行ってまいりました。といっても昨年年末なんですけど。なんだかんだでなかなか記事にできなくて今頃着手してます、すいません。 竹島の遠景。思っていたのよりずっと岸から近くて、小さいです。地元の方はよくご存知でしょうが、竹島は島全体が神 ...

完全に陽が落ちました。 あれ?行きはこんなところ通ったかなあ、という。 なんなんだこれ。通ってない道に迷い込む私。なんだか妙にノスタルジーというか、昭和を感じる。まあ、下界の光も見えてますし、このまま下ればなんとかなるでしょう。 余談ですが、伏見稲荷大社 ...

なんかよくわからんが池に出た。多分、新池。 鴨が2羽のどかに泳いでおります。 池の周りはこんな感じなんですけどね。なんなんだろう、この禍々しさ。 さらに進むと茶屋みたいなのが点在しており。 突然、見晴らしのよい場所に。おお、伏見の街に陽が沈んでいく。 そし ...

つーことでやってまいりました、伏見稲荷大社。お狐さまが前傾姿勢でなにやら高ぶっておられます。 道路を挟んで真向かいがJR稲荷駅。恐るべき立地、恐るべき利便性。 土曜日なのに結構な人出。正月とかいったいどのような有様になるのか。参道を進みます。 桜門前。海外 ...

途中で寺らしきものがあったので、いったん水路沿いから地上に上がり、中をのぞいてみることにする。長建寺。 調べてみたところによると、真言宗醍醐派のお寺でご本尊は弁財天。七福神でびわみたいなの持ってる女神様ですね。煽りかたが半端じゃない。そんな簡単に福が来ち ...

えー京都市伏見区に来ております。一概に伏見区と言っても結構な広さなわけですが、私が今居るのは伏見大手筋商店街。坂本竜馬で知られた寺田屋や、酒造メーカーで有名なキザクラ、月桂冠がある地域ですね。近年どんどん観光地化して平日だというのに行き交う人が絶えません ...

さて、帰りますか。で、問題はどのようにして帰るのか、である。車を鞍馬寺のふもとに停めているわけです。だから戻るしかないわけなんですが、もう一度鞍馬山を登るのか、と思うと寒気がしてくる。途中で限界が来て、山中で一歩も動けず、なんてしゃれにならないわけです。 ...

貴船の街並み。結構な山の中なのに、料理店や旅館が軒を並べ小京都か、花街か、ってな風情。びっくりするぐらい人も多いです。 意外に鞍馬寺西門から近かった、貴船神社本宮。 いやーきれいに手入れしてあるわ。 さすが観光都市京都。 本殿。すげえ立派です。祭神は高龗 ...

奥の院遥拝所。 石段、これまた石段の波状攻撃。ええ、ひるみませんとも。 2分ほどで霊宝殿に着く。入場料が必要だったのでスルー。 なぜか霊宝殿のむかいに與謝野晶子の書斎、冬柏亭が。こんな山奥で歌を詠んでたのかよ!晶子!こんな場所、怖くて歌どころじゃねえよ!大 ...

さらに進むと参拝路の途中に何故か神社が。明治政府が発令した神仏分離令はいったいどうなっておるのか。由岐神社、荷拝殿。こちらの拝殿、一度倒壊した後、豊臣秀吉が再建したものだそう。国の重要文化財指定。神木、願かけ杉。圧巻の大きさ。 本殿。主祭神は大己貴命と少 ...

↑このページのトップヘ