カテゴリ:▶ 映画 > アレックス・プロヤス

オーストラリア 1988監督、脚本 アレックス・プロヤスプロヤス監督がオーストラリア時代に手掛けたデビュー長編。砂漠化した世界で、人力飛行機を飛ばそうとする車椅子の男と、その妹、逃亡者の男の3人の奇妙な関わり合いを描いた作品。ストーリーは至極シンプルです。逃亡 ...

アメリカ 2016監督 アレックス・プロヤス脚本 マット・サザマ、バーク・シャープレスさて、ラジー賞にノミネートされたとか、古代エジブトを史実無視で滅茶苦茶に描いてるだとか、エジプトの話なのに白人ばっかり出てて人種差別だとか、本国では酷評の嵐だった本作ですが ...

アメリカ 2009監督 アレックス・プロヤス原案 ライン・ダグラス・ピアソン50年前に少女が書いた数字の羅列が実は災害を予知したものだった、ってな前フリのSFサスペンス。まあ、はっきり言っちゃうとベタです。どこかで似たような話を読んだような?見たような?気がして ...

アメリカ 2004監督 アレックス・プロヤス原作 アイザック・アシモフやっぱりSFはこうでなくちゃなあ、と一人頷いたのがこの作品。もはやSFの世界では古典と言えるアシモフの原作を、脚本家やらプロヤス監督がいじくりたおして完成にこぎつけたらしいんですが、温故知新と ...

アメリカ 1994監督 アレックス・プロヤス原作 ジェームズ・オバー原作はアメコミ。今なおカルト的人気を誇る作品で、プロヤス監督の名を世に知らしめた出世作でもあります。次作「ダークシティ」につながる仄暗い映像美や、当時シーンを席巻してたグランジ、オルタナティ ...

アメリカ 1998監督 アレックス・プロヤス脚本 アレックス・プロヤス、レム・ドブス、デヴィッド・S・ゴイヤーふと目覚めると、自分の過去が一切思い出せない。自分が何者であるのかすらわからない。見覚えのない部屋を探るように歩くと、ベッドの傍らに女の死体が。死体に ...

↑このページのトップヘ